自動車

ジュネーブモーターショーでメルセデス·ベンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイスのジュネーブレックスフォーで行われた’82回ジュネーブモーターショー「メルセデス·ベンツ展示場の隣に1350m²(400坪)規模で設けられた起亜自動車展示場で4人のドイツの紳士が入った。完了展示場にあったような国籍の起亜自動車のデザイン総括ピーターシュライア副社長が、これら喜んで迎えた。これら2、3分間起亜自動車の欧州戦略車種である「シード」新型モデルを注意深く調べてみた。

腕組みをしたまま、無理の中で最も先にいた神社がつかつかと運転席には座り、10分間車内を入念にチェックした。すぐマルティンヴィンターコルンフォルクスワーゲングループ会長だった。ドイツ最大の自動車会社フォルクスワーゲングループを率いる空き地コルン会長はモーターショーで彼の銅線(動線)一つ一つに、全世界のメディアが注目する世界の自動車産業の大物である。

彼が他の会社の展示場を訪れたという事実だけでも

彼が他の会社の展示場を訪れたという事実だけでも、その会社に多大な宣伝効果をもたらしてきたりもする。ドイツ·フランクフルトモーターショーでは、空き地コルン会長が現代自動車展示館を見つけ、直接「i30」運転席に座ってステアリングホイールを回して表示したり、巻尺で次のあちこちを計る様子を収めた動画が、YouTubeなどを通じて広がりもあった。6ヶ月新しい開かれた二回のモーターショーで空き地コルン会長が注目したi30とシードの両方フォルクスワーゲンのベストセラーハッチバックモデルである「ゴルフ」に対抗するために、現代·起亜自動車グループが発表した戦略車種である。

フォルクスワーゲン·コリアの関係者は、「最近、ドイツ本社でも、現代·起亜自動車の言及が多くなった」とし「特に起亜車のグローバル戦略を注意深く見てみるというのが内部評価」と伝えた。空き地コルン会長が展示場を離れて間もないないフォルクスワーゲングループに属しているプレミアムブランドであるアウディのルパート·シュタートラー会長が一人シードを調べて手帳に何かを書く姿が記者に捕捉された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加