スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

情操教育で「思いやり」を考える

投稿日:

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に
立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人
もあります。そうなると、お母さんやお父さんが、どのように「思いやり」があるか、その点での反省をしてみることが大切です。

毎日毎日の生活の中での意識や行動を点検してみると、建前は民主的のようであっても、その根っこにはタテ社会の考え方のあるものが、今日もなお、たくさん残っています。そこで、このあたりで、もう一度、今の家庭生活が本当に民主的かどうかについて、お母さんとお父さんが話し合って、点検してみることが必要となります。さもないと、混乱の中で教育されている子どもたちの中から、たくさんの犠牲者が出てくる危険性がある。

お母さん自身、お父さんの立場に立ち、お父さんの気持になってあげることを、どの程度しているでしょうか。同じことが、お父さんについてもいえるわけで、どのように妻を「受容」しているかーということが問われる。

子どもが豊かな情操の持ち主に

子どもが豊かな情操の持ち主になってほしいと思います。では、情操というのは、どういうものなのでしょうか。お母さんやお父さんに、あなた自身の情操はなにか、そしてどのくらい豊かな情操を持っているかーときいたならば、何とお答えになるでしょうか。そのことから考えてみなくては、子どもの情操を育てるにはどうしたらよいかは、考えつかないでしょう。

「思いやり」の少ない人は、自分中心の心が強い人です。いわゆるわがままな人です。わがままな人は、いつも自分本位に考えますから、相手の気持を「思いやる」だけの心の「ゆとり」が育っていないのです。

子どもに対する「思いやり」についても考えてみなければなりません。それぞれの年齢の子どもの立場に立って考え、その気持を受け入れているがどうかが、子どもの情操の発達には大きく影響するものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …

no image

赤ちゃんがいつまでも泣き止まない原因

心が慰められなければ、本来ならびっくりするような新しい世界を見つけ出すためにうまく使われるべき赤ちゃんのエネルギーが、泣くこと、によってすべて浪費される。赤ちゃんは心が発達するたびに、急速な成長がみら …

no image

上の子と下の子の間に差別がないようにする

上の子と下の子を育てるときのお母さんの意識のちがいが、それぞれの子どもの人格形成に影響を及ぼしている。ですから、「同じように育てているのに」という言葉は全く当らない。上の子のときには、甘やかしてはなら …

no image

赤ちゃんが興味を持つおもちゃや道具は?

生後一〇週目あたりで、赤ちゃんには比較的穏やかな時期が訪れます。母親は二、三週前に経験した不安な思いや恐怖から、すっかり解放されます。そして、赤ちゃんの聞き分けのよいおとなしい態度に感心して、まるでこ …

no image

夫婦話し合いをする方法やその時間

話し合う時間は、どのようなときがよいでしょうか。それは、子どもたちが寝しずまってからのひとときです。二人でお茶を飲みながら、家事や育児について話し合うことができれば、最もよい条件を作り出していることに …