スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

情操教育で「思いやり」を考える

投稿日:

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に
立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人
もあります。そうなると、お母さんやお父さんが、どのように「思いやり」があるか、その点での反省をしてみることが大切です。

毎日毎日の生活の中での意識や行動を点検してみると、建前は民主的のようであっても、その根っこにはタテ社会の考え方のあるものが、今日もなお、たくさん残っています。そこで、このあたりで、もう一度、今の家庭生活が本当に民主的かどうかについて、お母さんとお父さんが話し合って、点検してみることが必要となります。さもないと、混乱の中で教育されている子どもたちの中から、たくさんの犠牲者が出てくる危険性がある。

お母さん自身、お父さんの立場に立ち、お父さんの気持になってあげることを、どの程度しているでしょうか。同じことが、お父さんについてもいえるわけで、どのように妻を「受容」しているかーということが問われる。

子どもが豊かな情操の持ち主に

子どもが豊かな情操の持ち主になってほしいと思います。では、情操というのは、どういうものなのでしょうか。お母さんやお父さんに、あなた自身の情操はなにか、そしてどのくらい豊かな情操を持っているかーときいたならば、何とお答えになるでしょうか。そのことから考えてみなくては、子どもの情操を育てるにはどうしたらよいかは、考えつかないでしょう。

「思いやり」の少ない人は、自分中心の心が強い人です。いわゆるわがままな人です。わがままな人は、いつも自分本位に考えますから、相手の気持を「思いやる」だけの心の「ゆとり」が育っていないのです。

子どもに対する「思いやり」についても考えてみなければなりません。それぞれの年齢の子どもの立場に立って考え、その気持を受け入れているがどうかが、子どもの情操の発達には大きく影響するものです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子にな …

no image

口達者で頭のよい子供に見えても

近ごろの子どもを見ていますと、三角形が逆になっています。逆三角形です。つまり、ものはよく知っていますし、口は達者なので、頭のよい子のように見えますが、自発性の発達がおくれており、情緒は不安定なのです。 …

no image

子供の自立心を育てること

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子ども …

no image

そのときのお母さんの気持ちを想像してみること

ある男性のご相談者。小さい頃、お父さんに連れられてお祭りに行き、帰りにオモチャを買ってもらったそうです。それがうれしくて帰ってからお母さんにオモチャを見せたところ、お母さんは「よかったね」と言ってくれ …