スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

投稿日:

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そうすると、相手の女性は、いっしょに会話の波に乗って揺れているようなワクワク感を抱く。女性が「楽しい」と感じるのは、そういう瞬間にほかならない。

女性から見て「楽しい人」になるか「面白い人」になるか。この判定で、その後の運命がはっきりと明と暗に分かれる。「面白い」とは、どういうことなのか?まず、「面白さ」を売り物にしている男性に対しては、女性は、一種の観客を演じなくてはならない。つまり、おのずと反応する役をあてがわれることになるわけだ。この役は、けっこう疲れる。

合コンなんかでは、面白系は、その役回りをはっきりと思い知らされることになる。隣に座った女の子を笑わせているうちに、いつの間にか、しっとりと会話を楽しむッーショットに囲まれて孤立しているのだ。「面白い人」を目指さずに「楽しい人」を目指せ。それが、ここでの教訓である。

面白い人を相手にするのは

大胆な下ネタが登場した場合にも、カマトトだと思われないためには、反応に工夫をこらす必要が出てくる。「面白い人」を相手にするのは、案外、めんどうくさいことだ。

ギャグがすべったらすべったで、シラけを防止するために「それ、ちょっと寒い」とか言わなければならないし、オヤジギャグ系のダジャレが出てきたならば、「あんた、どこのオヤジだ」などと突っ込まなくてはならない。

では、ギャグが鮮やかに決まりまくった場合は、とうなるか?これは、ひたすら笑っていればいいのだが、そこにはなんとも皮肉な結果が生まれてくる。その二人は、もはや会話を楽しむ男女ではなく、ステージに立つお笑い芸人と客席にいる観客のような関係になってしまうのだ。つまり、面白孫で攻めると、ギャグがハマってもハマらなくても、どっちにせよ二人のあいだに確固たる境界が生まれてしまうということ。これでは、男としては骨折り損のくたびれもうけ、というほかにないのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

男って義理堅いなあと思った瞬間

世間ではリクルート問題が騒がれていたが、この件に関しての第一印象は、男って義理堅いなあである、とある奥さんは語る。未公開株でもうけさせてもらった業者には、ちゃんと便宜をはかる。私がもし役人なら株でしっ …

no image

デートはお金かけるだけが芸ではない

デートに必要なのは、金離れのよさだけではない。そこに、女性心理のむずかしさがある。二回目のデートでも三回目のデートでも、金離れのよさだけで勝負していると、女性は、「この人って、札束の力だけで女をどうこ …

no image

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会 …

no image

デートを徹底的にダンドリする男

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …