スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ニキビ

女性のストレス解消法

投稿日:

一般に、女性の体は男性よりもホルモンのバランスがくずれやすい傾向があります。ですから、紫外線や化粧品の刺激を受けないようにするのと同時に、余計な悩みを減らして、できるだけメラニン細胞刺激ホルモンが出ないようにすることが大切です。

ストレス解消にはリラックス効果のある香りを使ったアロマテラピーが効果的です。ビタミンCの美白効果については、すでにご存じの方も多いと思いますが、ひどいシミには、1日3000以上という大量摂取をすすめます。1日に必要なビタミンCの摂取量は100ですから、これは30倍にあたります。

化粧は必要最低限にとどめ、シミの上から余計なものを塗るのはやめましょう。そのかわり、日中に外出するときは必ず日傘をさすように。そして、余計な悩みを持たないようにして、ビタミンCをたっぶりとってください。

余計な悩みを持たないことも重要

また、余計な悩みを持たないことも重要です。あれこれ考え込んでしまうストレスが脳の一部を刺激し、「メラニン細胞刺激ホルモン」という物質を分泌させるからです。このホルモンもシミ爆弾にスイッチを入れてしまうのです。

ひどいシミに悩んでいたある女性は、「科学的な刺激を極力カットすること、リラクゼーション、ビタミンCの大量摂取」というレシピをきっちりと守りました。その結果、1週間後には「シミ・ソバカスが増えなくなったような気がします」とまず手応えを感じ、1カ月後には「すでにできていたシミやソバカスが、どんどん薄くなってきました」と明らかに効果が見えるまでになったようです。

また、シワができやすい人、できにくい人「最近、小ジワが増えちゃって」と悩んでいる女性はよくいます。でも、小ジワやたるみのできる理由は実に単純明快なのです。皮膚(肌)は、上から表皮・東度・皮下組織の順にできています。小ジワは、なんらかの理由で皮下組織が縮んでしまい、その結果、あまった表皮と真皮がたるんでできるのです。こうした小ジワの悩みを持つ人、つまり皮下組織が縮んでしまったという人には、急激なダイエットをしたという人が圧倒的に多いようです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

クレーター肌で治らない状態にならないために

正しい洗顔はニキビ治療・予防に非常に有効なのですが、「間違った洗顔」や「過剰な洗顔」は逆効果になることを知っておきましょう。この炎症が起こっている赤ニキビ、腰まででる黄ニキビは、治った後も俗に「あばた …

no image

血液循環の不良はくすみの原因になる

・加齢により促進されてしまう理由 肌の色は、主に皮膚のメラニンの量、血流量、血液中の物質によって決まります。その中でも重要な皮膚のメラニン量は、3歳を過ぎた頃から増加する傾向がが顔全体のくすみの原因に …

no image

赤ら顔の改善-ビタミンkなどでケアを行う

赤ら顔の原因である毛細血管の拡張の理由は、紫外線による活性酸素の発生や敏感肌、ニキビや脂漏性皮膚炎(皮脂分泌の多い部位に発生する皮膚の炎症)などによる炎症、間違ったスキンケアが肌に刺激を与えている場合 …

no image

ローションパックの効果で前倒しケア

ホルモンバランスの乱れから首に二キビが出る。体の周期を知っておけば、首の集中ローションパックで前倒しケアができる。首のリンパマッサージも行うとよい。Tゾーンの脂浮きや毛穴の開きが気になる人向き。毎朝の …

no image

肌の乾燥を防ぎ潤いを保つには

肌のターンオーバーが乱れると、皮膚表面に古くしなびた細胞が長くとどまることになり、うるおいのないガサガサした肌になってしまいます。しっとりとしたきめ細かな、質のいい肌をつくるには、新しい表皮細胞がどん …