ニキビ

女性のストレス解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般に、女性の体は男性よりもホルモンのバランスがくずれやすい傾向があります。ですから、紫外線や化粧品の刺激を受けないようにするのと同時に、余計な悩みを減らして、できるだけメラニン細胞刺激ホルモンが出ないようにすることが大切です。

ストレス解消にはリラックス効果のある香りを使ったアロマテラピーが効果的です。ビタミンCの美白効果については、すでにご存じの方も多いと思いますが、ひどいシミには、1日3000以上という大量摂取をすすめます。1日に必要なビタミンCの摂取量は100ですから、これは30倍にあたります。

化粧は必要最低限にとどめ、シミの上から余計なものを塗るのはやめましょう。そのかわり、日中に外出するときは必ず日傘をさすように。そして、余計な悩みを持たないようにして、ビタミンCをたっぶりとってください。

余計な悩みを持たないことも重要

また、余計な悩みを持たないことも重要です。あれこれ考え込んでしまうストレスが脳の一部を刺激し、「メラニン細胞刺激ホルモン」という物質を分泌させるからです。このホルモンもシミ爆弾にスイッチを入れてしまうのです。

ひどいシミに悩んでいたある女性は、「科学的な刺激を極力カットすること、リラクゼーション、ビタミンCの大量摂取」というレシピをきっちりと守りました。その結果、1週間後には「シミ・ソバカスが増えなくなったような気がします」とまず手応えを感じ、1カ月後には「すでにできていたシミやソバカスが、どんどん薄くなってきました」と明らかに効果が見えるまでになったようです。

また、シワができやすい人、できにくい人「最近、小ジワが増えちゃって」と悩んでいる女性はよくいます。でも、小ジワやたるみのできる理由は実に単純明快なのです。皮膚(肌)は、上から表皮・東度・皮下組織の順にできています。小ジワは、なんらかの理由で皮下組織が縮んでしまい、その結果、あまった表皮と真皮がたるんでできるのです。こうした小ジワの悩みを持つ人、つまり皮下組織が縮んでしまったという人には、急激なダイエットをしたという人が圧倒的に多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加