スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性が異性を見る目は男性にくらべて成熟している

投稿日:

女性が異性を見る目は、男性のそれにくらべて「成熟」したところがある。それは、個性の価値をきちんと見きわめようとする視線、と言いかえてもいいだろう。たとえば、政治家の小沢一郎なんていう人は、男の目にはとうていイケメンには見えない。だが、中年主婦層のなかには、小沢一郎の鬼面に男のバイタリティーと色気を感じる人もいる。もちろん、小沢一郎の顔をひと目見てグッとくるわけではない。その評価は、けっこう念入りな観察から導き出される。

男性が好む女性の顔は美人系に集中していて、一〇〇人の好みを総合してモンタージュをつくると、もののみごとに「沢口靖子」ふうの正統派美人の顔ができあがる。これは、ある大学でじっさいにおこなわれた実験の結果である。いっぽう、女性の場合は、一人の好みを総合すると、目も鼻も口もとんでもなくバラバラのモンタージュができあがる。つまり、女性が好きなタイプというのは、バラバラだということだ。ヨン様や坂口憲二みたいな二枚目とはかきらないわけだ。

女性は、自分の目で男の魅力を発掘することに喜びを感じる。鑑定家的な資質、があるということだ。女が男に感じる魅力は、じつに多彩である。それらは、男が「なんで、そんなことが」とあきれ返るものであったりする。

意外性の魅力

どんなところをどんなふうに見られるか、まるで予想がつかないだけに、戦略の立てようがなくなってくる。とはいえ、それらには一つのパターンを見いだすことができないでもない。それは、「意外性の魅力」というやつだ。竹中直人の「低音」、段田安則の「ふと見せるきびしい表情」ー。そこにあるのは、一般的なイメージと意外な一面、のギャップがもたらすインパクトにほかならない。

「千代大海の硬そうなお尻がステキ」(二五歳OL)「アンソニー・ホプキンスが演じるレクター博士の不気味な笑顔に、男の色気を感じる」(三二歳エディター)「段田安則がふと見せるきびしい顔が、たまらない」(三五歳主婦)。そもそも、段田安則って誰だっけか?ってな感じである。こうなってくると、男のほうとしても、ちょっと困る。

ギャップに、女性たちは、「発掘」の喜びを感じているのだろう。意外性の演出は、それほどむずかしいことではない。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

芸能人の恋の話

正露丸や龍角散。名前からして、由緒のありそうな薬たち。パブロンやルルよりは、古くから伝わってる薬だとすぐわかる。その長く愛された秘密は(薬の効用はもちろんだが)、どこか、一度好きになったら、ものすごく …

no image

レズかもしれないと噂されて困っている

ある銀行に勤めている27歳のあるOLさん。最近、私が後輩社員と同性愛関係にある、というウワサを立てられ悩んでいます。 とても明るい子だったのに、最近はなんとなく元気がなく落ち込んでいるようです。そのウ …

no image

プレゼントは質より量で攻めることが大事

女性は、一回の一〇万円ぶんのプレゼントよりは、一〇〇回の一〇〇〇円ぶんのプレゼントのほうに心を惹かれる。それが、女性心理というものなのだ。 「女性を落としたいなら、一〇〇円ぶんの電話を一回かけるより、 …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …