スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性の本性はきわめて保守的

投稿日:

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのことを深刻に受け止めて、あれこれと対策を練った。

まず、「マーガリンとバターの見分けをつけるなんて、簡単」と言う女性たちに、バターのように黄色いマーガリンとマーガリンのように白いバターを食べさせてみた。すると、ほとんどの女性がマーガリンをバターだと思いこんだ。ところが、それにもかかわらず、その女性たちは、「バターは高級でマーガリンは低級」という評価をガンとして変えなかった。

そこで、マーガリン会社は一計を案じた。同じジャンルだと思われているから、バターは上位、マーガリンは下位というランクづけになってしまう。ならば、いっそのこと類似品、同等品というセールスの仕方をやめて、マーガリンがパターとはまったく別物という販売戦略を立ててやろう?
この戦略はまんまと当たり、マーガリンは、バターとは別種の植物性油の健康食品という認識が消費者のあいだに定着した。

マーガリンの販売戦略になぞらえて

パッカードは、女性心理の攻略法をマーガリンの販売戦略になぞらえて、こう言っている。もし、彼女のステディ彼氏)がスポーッマンであるなら、それ以上のスポーッマンであることをアピールしても、バターの亜流、だと思われるだけだ。だから、彼女のステディとはまったく別種の男であるという売り込みをするにかぎる」。

「女性の本性はきわめて保守的で、いったん自分の尺度で「これは素晴らしい」と思ったものについての評価をなかなか変えない。たとえ、それをしのぐ価値のものが目の前に現れたとしても、その価値に気づくことはない」。つまり、意中の彼女に彼氏がいて、彼女がその彼氏にゾッコンであったとしたら、あなたは、自分の価値に気づいてもらえるチャンスはゼロにひとしいと思っていい。

意中の彼女に彼氏がいても、けっしてひるむな、と言った。では、あくまで直球勝負で、ぐんぐん突進すればいいのか、というとそれも違う。答えを先に言うと、ここは一種の変化球勝負でいく。つまり、彼女の彼氏とはまったく違う土俵、で勝負するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚したくない恋人は欲しい

誘いの瞬間こそ、ドラマにおける緊張のヤマ場であります。フィクションの場合、ここがうまくできていると、結末がめちゃくちゃでも、ああ、おもしろかったと鑑賞できるわけ。しかし、実生活では、おもしろかったでは …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

大人同士のクリスマスプレゼントの交換

本来、恋愛とは、対等でフェアな人格同士の魂のぶっかり合いであると。金で買われた、その金が安すぎる、云々は、恋愛から最も遠くかけ離れた次元の問題である。すごくステキな男性でも、その奥さんを見たとたん、が …

no image

片思いは恋かという疑問

片思いは、恋か、という疑問があります。片思いは、恋です。逆に、一方的に異性から思いをかけられることは、恋でも何でもありません。好きでも何でもない相手から一方的に愛情を注がれても、その人の内部では何の心 …

no image

カップルの共通点を見つける

「柔術マジシャン、のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ。この人の技の流れって、なんか肉体のインテリジェンスみたいなものを感じちゃう」「うれしい話だなあ。僕も、ノゲイラが出てきたときからのファンなんだ。ね、 …