スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性の本性はきわめて保守的

投稿日:

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのことを深刻に受け止めて、あれこれと対策を練った。

まず、「マーガリンとバターの見分けをつけるなんて、簡単」と言う女性たちに、バターのように黄色いマーガリンとマーガリンのように白いバターを食べさせてみた。すると、ほとんどの女性がマーガリンをバターだと思いこんだ。ところが、それにもかかわらず、その女性たちは、「バターは高級でマーガリンは低級」という評価をガンとして変えなかった。

そこで、マーガリン会社は一計を案じた。同じジャンルだと思われているから、バターは上位、マーガリンは下位というランクづけになってしまう。ならば、いっそのこと類似品、同等品というセールスの仕方をやめて、マーガリンがパターとはまったく別物という販売戦略を立ててやろう?
この戦略はまんまと当たり、マーガリンは、バターとは別種の植物性油の健康食品という認識が消費者のあいだに定着した。

マーガリンの販売戦略になぞらえて

パッカードは、女性心理の攻略法をマーガリンの販売戦略になぞらえて、こう言っている。もし、彼女のステディ彼氏)がスポーッマンであるなら、それ以上のスポーッマンであることをアピールしても、バターの亜流、だと思われるだけだ。だから、彼女のステディとはまったく別種の男であるという売り込みをするにかぎる」。

「女性の本性はきわめて保守的で、いったん自分の尺度で「これは素晴らしい」と思ったものについての評価をなかなか変えない。たとえ、それをしのぐ価値のものが目の前に現れたとしても、その価値に気づくことはない」。つまり、意中の彼女に彼氏がいて、彼女がその彼氏にゾッコンであったとしたら、あなたは、自分の価値に気づいてもらえるチャンスはゼロにひとしいと思っていい。

意中の彼女に彼氏がいても、けっしてひるむな、と言った。では、あくまで直球勝負で、ぐんぐん突進すればいいのか、というとそれも違う。答えを先に言うと、ここは一種の変化球勝負でいく。つまり、彼女の彼氏とはまったく違う土俵、で勝負するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …

no image

ナンパで始まる恋物語もある

息子の通う幼稚園の同じクラスのお母さんたちとの親ぼく会があり、お茶を飲みながら、どこで、初めて主人と知り合ったかという話題になった、とある人は語る。 そういえば、私の故郷は狭い町なので、A子が断わった …

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …