スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性の本性はきわめて保守的

投稿日:

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのことを深刻に受け止めて、あれこれと対策を練った。

まず、「マーガリンとバターの見分けをつけるなんて、簡単」と言う女性たちに、バターのように黄色いマーガリンとマーガリンのように白いバターを食べさせてみた。すると、ほとんどの女性がマーガリンをバターだと思いこんだ。ところが、それにもかかわらず、その女性たちは、「バターは高級でマーガリンは低級」という評価をガンとして変えなかった。

そこで、マーガリン会社は一計を案じた。同じジャンルだと思われているから、バターは上位、マーガリンは下位というランクづけになってしまう。ならば、いっそのこと類似品、同等品というセールスの仕方をやめて、マーガリンがパターとはまったく別物という販売戦略を立ててやろう?
この戦略はまんまと当たり、マーガリンは、バターとは別種の植物性油の健康食品という認識が消費者のあいだに定着した。

マーガリンの販売戦略になぞらえて

パッカードは、女性心理の攻略法をマーガリンの販売戦略になぞらえて、こう言っている。もし、彼女のステディ彼氏)がスポーッマンであるなら、それ以上のスポーッマンであることをアピールしても、バターの亜流、だと思われるだけだ。だから、彼女のステディとはまったく別種の男であるという売り込みをするにかぎる」。

「女性の本性はきわめて保守的で、いったん自分の尺度で「これは素晴らしい」と思ったものについての評価をなかなか変えない。たとえ、それをしのぐ価値のものが目の前に現れたとしても、その価値に気づくことはない」。つまり、意中の彼女に彼氏がいて、彼女がその彼氏にゾッコンであったとしたら、あなたは、自分の価値に気づいてもらえるチャンスはゼロにひとしいと思っていい。

意中の彼女に彼氏がいても、けっしてひるむな、と言った。では、あくまで直球勝負で、ぐんぐん突進すればいいのか、というとそれも違う。答えを先に言うと、ここは一種の変化球勝負でいく。つまり、彼女の彼氏とはまったく違う土俵、で勝負するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

彼女の話の聞き役になってあげる

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなこ …

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

男って義理堅いなあと思った瞬間

世間ではリクルート問題が騒がれていたが、この件に関しての第一印象は、男って義理堅いなあである、とある奥さんは語る。未公開株でもうけさせてもらった業者には、ちゃんと便宜をはかる。私がもし役人なら株でしっ …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …