スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

女性の本性はきわめて保守的

投稿日:

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのことを深刻に受け止めて、あれこれと対策を練った。

まず、「マーガリンとバターの見分けをつけるなんて、簡単」と言う女性たちに、バターのように黄色いマーガリンとマーガリンのように白いバターを食べさせてみた。すると、ほとんどの女性がマーガリンをバターだと思いこんだ。ところが、それにもかかわらず、その女性たちは、「バターは高級でマーガリンは低級」という評価をガンとして変えなかった。

そこで、マーガリン会社は一計を案じた。同じジャンルだと思われているから、バターは上位、マーガリンは下位というランクづけになってしまう。ならば、いっそのこと類似品、同等品というセールスの仕方をやめて、マーガリンがパターとはまったく別物という販売戦略を立ててやろう?
この戦略はまんまと当たり、マーガリンは、バターとは別種の植物性油の健康食品という認識が消費者のあいだに定着した。

マーガリンの販売戦略になぞらえて

パッカードは、女性心理の攻略法をマーガリンの販売戦略になぞらえて、こう言っている。もし、彼女のステディ彼氏)がスポーッマンであるなら、それ以上のスポーッマンであることをアピールしても、バターの亜流、だと思われるだけだ。だから、彼女のステディとはまったく別種の男であるという売り込みをするにかぎる」。

「女性の本性はきわめて保守的で、いったん自分の尺度で「これは素晴らしい」と思ったものについての評価をなかなか変えない。たとえ、それをしのぐ価値のものが目の前に現れたとしても、その価値に気づくことはない」。つまり、意中の彼女に彼氏がいて、彼女がその彼氏にゾッコンであったとしたら、あなたは、自分の価値に気づいてもらえるチャンスはゼロにひとしいと思っていい。

意中の彼女に彼氏がいても、けっしてひるむな、と言った。では、あくまで直球勝負で、ぐんぐん突進すればいいのか、というとそれも違う。答えを先に言うと、ここは一種の変化球勝負でいく。つまり、彼女の彼氏とはまったく違う土俵、で勝負するのだ。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういう …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

結婚して地方に嫁ぐ悩み

彼と結婚すると一生地方暮らし。彼をとるか東京をとるか悩んでいます、とある語るある人。彼をとるか、大好きな生まれ育った東京をとるかで悩んでます。つまり、東京風の彼をとるか、彼なしの東京をとるか、です。ど …