スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

女性のバイク選びなどのポイント

投稿日:

お金があったら新車を買うことをおすすめする。もちろんクレジットで十分だ。どうしてもお金を工面できないのならしかたがないが、250ccや400ccの中古のオートバイはビギナーが乗っていたケースが多く、1〜2回の転倒経験は必ずあると思って間違いない。中古車専門店で購入する場合は、べテランライダーに付き添ってもらい、車体や足回りを十分にチェックしてから購入することである。

今日のロードスポーツは、馬力が高く、加速性能+最高速度が高いだけでなく、ハンドリングもきわめて優れている。つまり、それだけエンジン、車体ともシビアな面を持っており、1〜2度転倒するとハンドリングが著しく悪化してしまう。オフロードバイクも同様であり、長いサスペンションも、狂っていては性能を発揮することは難しい。

女性ライダーの場合、1にも2にも取り回し性と足つき性が重要である。腕力、脚力とも男性に劣るので、マシンを選ぶときは、まず乗車して、画星のかかとがベッタリと接地することが条件になる。車重や何ccかということについては、男性と同様に、体重の3倍を目安にすればよいが、ビギナーのうちはその数値より軽く、しかも排気量が小さいマシンがよい。

女性ライダーのマシン選びで大切なのは

女性ライダーのマシン選びで大切なのは、取りまわし性と足つき性のほかに、ハンドリングの性とエンジンのパワーを男性以上に細かくチェックすることである。ハンドリングの性は、直進安定などを総合したもので、ヒラヒラと振り回しが軽快で、黙っていてもコーナーでペタンと寝てしまう性格のマシンよりも、どっしりと直進安定性が高く、マシンを寝かし込むのに少々抵抗感があるタイプのほうが、女性には向いている。その理由は、路面の外乱に左右されにくく、コーナーリングも安定しているからである。

まったくのビギナーであれば、まず50ccから乗り始めることだ。50cc(ミニバイクを含む)で半年なり1年の経験を積んで、中型限定自動二輪免許を取得した人でも、125ccクラスで練習し、それから250ccや400ccへステッフアップするほうがべターである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …

no image

コーナリングラインの基礎はアウト・イン・アウト

コーナーリングでは、最初はあくまでもスムーズさに重点をおいた走りをするのがコツ。アウト・イン・アウトを意識することは大切だが、それは次のステップ。すでにスムーズに走れる人は、アウト・イン・アウトをいか …

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …