自動車

スポーツカー「ザ·ニュージェネシスクーペ」を披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高出力350馬力の後輪MS Pゴシック(後輪駆動)方式正統スポーツカー。わずか数年前までは、韓国の自動車メーカーがこのような車を作ると考えるこれは多くなかった。平凡なデザインと無難な性能の安いセダンが最近までの韓国車のための世界の認識であった。現代自動車は先に「ティブロン」「トスカーナ」などスポーツカーの「外観」だけ取ってを発売したが、スポーツカーマニアたちの歓迎を受けるのには力不足だった。

2008年に発売した「ジェネシスクーペ」は、本格的なスポーツカーにのどが渇いた、国内の消費者に恵みの雨だったが、同等の外国製スポーツカーに比べると改善の余地が多かった。韓国産のスポーツカーが再び進化した。現代車は、全南霊岩郡コリアインターナショナルサーキットで行われたレース大会「コリアスピードフェスティバル(KSF)」決勝戦で新車発表会を開き、スポーツカー「ザ·ニュージェネシスクーペ」を披露した。

ジェネシス、エクスと同じエンジンを使う

従来モデルの発売以来、3年ぶりに出てきた新型エンジンを交換性能が非常に良くなって外観デザインも大幅に手を見た。東亜日報は、霊岩(ヨンアム)一帯で初めてザ·ニュー·ジェネシスクーペを試乗した。試乗に使用された車は、3.8L級V型6気筒ガソリン直噴(GDi)ラムダエンジンを搭載した最高級モデル380GT。高級セダンであるジェネシス、エクスと同じエンジンを使う。

フォードマスタング(309馬力)、日産370Z(333馬力)など、米国と日本の本格的なスポーツカーよりも高い数値だ。実際のパフォーマンスはどうだろうか。奥深くアクセルペダルを踏むと後輪が地面との摩擦音を出して強い回転を起こしたところで、6秒で時速100kmを突破する。元の6段だった自動変速機を8段に交換変速がスムーズ速い。時速200kmまでの加速よどみがない。後ろから聞こえてくる排気音は轟音よう力強い重低音である。高速走行でも星揺れがない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加