スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

次世代システムの開発で各グループが死闘を展開

投稿日:2019年9月10日 更新日:

最近は、処理する情報量が飛躍的に増大し、処理のスピードも高速化が求められている。古いシステムにしがみついていれば、売上処理が遅れたり、会員への請求業務が滞ったりして重大なクレームとなって返ってくる恐れもある。加盟店が逃げ、会員が離れていく原因にもなりかねない。その意味でも、容量が大きく、性能の優れたシステムを装備することが競争に打ち勝つ第一の要因になってきている。

カード会社は装置産業といわれる。装置産業といってもピンとくる人は多くないかもしれない。装置とは、コンピュータであり、通信システムであり、それが融合したいわゆるIT(情報技術)のことである。実際、考えてみれば、カード業務はコンピュータなしには考えられない。入会審査からはじまり、途上与信、加盟店への支払い(売上処理業務)、会員への代金請求(請求業務)、さらには、利用者へのセールや海外旅行への誘いまで、コンピュータがなければ、仕事が進まないのである。

各社は重大な岐路に立つことに

各社がクレジットカード事業に参入しようと苦戦している間に、肝心の本業の方が思わしくなくなってきた。その結果、右肩あがりで業績を伸ばしてきた各社は重大な岐路に立つことになった。

長引く不況から自己破産が増加し、貸倒比率があがった。そのため各社の業績が大きく落ち込み、たとえば、武富士は2002年の営業収益に占める経常利益の割合が64%あったものが2004年には36%とほぼ半減していた(その後倒産)。もっとも早く動いたのは、アコムであった。キャッシュワンなどで関係の深かった三菱東京フィナンシャルグループと手を結んで、大資本の強力な庇護のもと生き残りを図ろうとしていた。

中堅業者は、IT企業など大手企業に買収されるケースが相次いでいる。ソフトバンク・ファイナンスは、イコールクレジットを通じてネットで消費者金融事業を始めた。あおぞらカードはネットショッピング大手の楽天に、シークエッジはライブドアと合弁でローン事業会社を設立、また、ライブドアはロイヤル信販を子会社化している。プロミスも三井住友フィナンシャルグループと提携し、そのグループに入っている。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

三井住友銀行フィナンシャルグループなどの業界の構図

三井住友フィナンシャルグループは、規模では三菱・UFJ連合には負けるが、核となる三井住友カードは、持ち株会社内では三井住友銀行と同等の立場で発言力が強い。銀行との強力なタッグでカードサービスの充実に邁 …

no image

個品割賦は長期的に-シェア拡大の余地は少ない

個品割賦ではクレジットカードと違ってその都度審査や契約が必要で、利用しにくい面があることは確かだ。現在のようにクレジットカードが広く普及し、カードが利用できる加盟店が急増しているなかにあっては、手続き …

no image

過払い金回収の交渉は相当困難を要するが

引直計算の裏ワザ的方法が存在します。例えば、消費者金融業者が、取引経過を10年分しか出してこない場合に、開示された取引経過の当初残高をゼロ円として引直計算することができるのです。 ・業者の抵抗が強いと …

no image

文書提出命令の申立てと真実擬制

・文書提出命令の申立てと真実擬制 裁判後、法廷で事実上開示を求めても、当事者照会を行っても、貸金業者は態度を全く改めることなく、頑として取引履歴を開示しません。貸金業者が全取引履歴を開示しないので、仕 …