子育て

人生は喜びに満ちていると子どもに教えてあげましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親である自分も、そしてわが子もせっかくこの世に生まれたのです。一回限りの人生を生きているということを思えば、どうせなら楽しく喜びに満ちた人生を生きていきましょう。子どもにも楽しく喜びに満ちた人生を生きさせてあげましょう。世界でたったひとりのかけがえのない存在であることを大事にしてください。

実際に子育てにおいてつらくて苦しい思いをされているお母さんがおられることを残念に感じます。今はつらく感じてしまっているとしても、その中には必ず喜びもあるはずなのです。ですからつらいことばかりを拾わず、楽しいことにも目を向けていただきたいのです。本来楽しいものであるはずの子育てを楽しまないのはもったいないし、つまらないではありませんか。子育てが苦行であれば、学びも苦学になって、親としての自分の成長にもつながっていきません。

また、笑顔は周りの人の心もホッとさせます。笑顔でいるだけで家の中の空気も変わっていきます。さらに自分で自分に毎日を楽しく過ごせるように暗示をかけていきましょう。毎朝、起きたら大きく深呼吸をして「今日も一日楽しくなりますように」と念じるのです。晴れた日には、ぜひお日様に向かって言ってみてください。

無理やりにでも笑顔でいていただきたいもの

無理やりにでも笑顔でいていただきたいものです。笑顔には不思議な魔法があります。心の底からの笑顔ではなくても、意識して笑顔をつくっていると、それだけで気持ちも笑顔になっていきます。不思議なことに笑顔の時文句や怒りの言葉は云えません。心の中がどんな状態であっても、顔はいつも笑顔でいるように心がけてください。

「今日一日子どもに怒らず、穏やかにいられますように」「お互いに楽しい時間が共有できますように」このように言葉にして一日をスタートさせるのです。子どもを叱らず穏やかに接することができたら、心の中で「できた、えらいー」と自分で自分をほめてあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加