スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自己主張ができない子供

投稿日:

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入って第二反抗期を経過するうちに、精神的離乳が実現され、独立した社会人としての人格が与えられるのです。

七〜九歳になって、もし、自分の意見をはっきりいうことのできない子どもがいれば、自発性がおくれていることを疑い、生活史を点検してみて、それがはっきりしたならば、時間をかけて自発性の発達を促す方法をとらなければなりません。それは、子どもに「まかせる」ということに尽きます。口を出したり、手を貸したりすることを全面的にやめて、いったん子どもを「自由」にしてあげることが大切です。

問題を起こした子どもの生活史をくわしく調べてみますと、大人のいうことをよくきき、おとなしく、きちっとしていて、勉強もよくできる子どもであったことが多いのです。つまり、自発性の発達は抑圧されていた。

義務教育を終わる年齢

義務教育を終わる年齢、昔は「元服」する時期とされていた十五歳におくべきでしょう。ところが、最近は、自発性の発達のおくれている青少年が多くなってきています。それが極端な形となって現われたものが、登校拒否ですし、ノイローゼや心身症にもそのことがいえます。自殺をする中・高生にも、そのことが考えられるのです。

けんかをしないと「よい子」のように見えますが、実は、自己主張ができないのです。そのような子どもは、いたずらも冒険もしようとはしないでしょう。あるいは、友だちの家に遠征することもしないでしょう。本当の意味での友人形成はできていないのです。そのような子どもは、お友だちができにくかったり、お友だちがいるように見えても、同じように自発性のおくれている子どもとちんまりと遊んでいるに過ぎません。ですから「けんか」をしません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

泣き叫ぶ赤ちゃんの対処法を知っておこう

自分の夫や親類の人、友人、近所の人など、誰もがママの大切な宝物をはた迷惑なうるさいチビ、だと思っていると心配する母親も多いようです。そんな人たちが赤ちゃんをもっと厳しく育てた方がいいと口を差しはさんで …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

生後1ヶ月以降の赤ちゃん

生後八週日あたりになると、赤ちゃんは周りの世界を新たな方法で認識し始めます。うまく説明するのは難しいですが、その変化には視覚だけでなく、赤ちゃんのあらゆる感覚も含まれているのです。多くの母親は、赤ちゃ …