スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

自己開示をはかるタイミングをはずすと大失敗につながる

投稿日:

「自己開示」は、タイミングをはずすと大失敗につながる。ちょうどいい例があるので、紹介しておこう。あるとき、某広告代理店の女子社員のトイレで、こんな話が持ち上がった。「え、あなたもやられたの。ヤッダーッ、じつは私もなのよ。食事につきあうと、いきなり、自分の家族の話を始めるんでしょう。

あの人さあ、きっと結婚相手を社内で物色しているのよ。でも、バカみたいね。同じ会社の中でそんな迫り方をすれば、こいつは、結婚してくれれば誰でもいいのか、と思われるだけじゃない」その噂のターゲットになった男は、べつに結婚相手を探しているわけではなかった。彼としては、自分の家族の話をすることで、一気に相手との距離を縮めようと考えていただけだった。

心理学では、自分の悩みごとやプライベートな話を打ち明けることを「自己開示」という。「自己開示」は、心理学的には、相手との親密度を深めたいときにおこなわれるとされる。「最近、不眠症におちいっちゃって」と男性に切り出された女性は、「この人は、私に接近したがっている」と直感する。つまり、「自己開示」は、愛の告白と同じ意味を持つのだ。

自己開示はのっけからやると

「自己開示」は、のっけからやると、誰かれかまわず女性に急接近したがる男だと思われるだけでなく、人間関係の法則を理解しないブキミな男とまで思われかねない。マンシヨンの中をうろついて、ベルを鳴らしては身の上話や打ち明け話をする奇人がいるという話を聞いたことがあるが、のっけから「自己開示」をする男は、人間関係のバランス感覚が壊れているという意味で、そういう奇人と紙一重であるとさえ思われてしまう。

同じ会社の中で誰かれかまわず誘いをかけていた愚かさは否定できないが、このさい、その難点については置いておこう。ここで問題にしたいのは、彼が、親密でもない女性を相手に、のっけから「自己開示」をしたことだ。彼の失敗は、その点にある。彼は、一人のステディ(恋人)がほしかっただけだから、その失敗をしなければ、社内じゆうの女子社員を誘って回るようなことにはならなかったはずなのだ。これは、ぜひとも覚えておいてほしい。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

中年以降は回りくどい表現にイラつきます

一般論を言えば、若年ほど奥床しい表現を好みます。純朴そうな少年は、色気たっぷりのアプローチを嫌います。頭のいい男は、意表をつくおもしろい女の子のアプローチにッとして心魅かれます。おとなしい男性は、図々 …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …