スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

事故が最も多いのは交差点

投稿日:

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ、とてもクルマと同列に考えるわけにはいかない。これを防ぐには確実に一旦停止することだが、よりうまいやり方がある。家の堀などで横方向が見えない場合は、まず停止線で一旦停止する。そして、ゆっくりと前進しフロントタイヤを交差点に出してやる。これで交差する横方向の道からの確認を容易にするのだ。

また、混雑地帯ではバイクの存在を知らせるのが第一に必要なことだし、バイクが最も見えにくくなる夕暮れ時はクルマよりかなり早く点灯すればいいと思う。そうすれば常時点灯とほぼ同じ効果が得られ、バッテリーが過放電になることもほとんどないはずだ。注意をうながすつもりがバッテリーをあげることになってしまっては元も子もない。状況に応じたへッドライトの点灯、これがベスト。

左右の安全を確認しながらスタート

左右の安全を確認しながらスタートさせる。停止線で止まってから、交差する道のクルマにゆっくりとフロントフォークを見せる。つぎは広い道から狭い道へはいるときの注意点。なにが飛び出してくるかわからない、ということを頭に叩き込んでおくことが大切だ。広い道から狭い道へはいるときは、道幅と交通状況によって異なるが、すぐにでも停止できるくらいのスピードになっていてちょうどいい。

大切なのは、フラッシャーを早めに出すこと。交通の流れの速い広い道では一にも二にも他のクルマへの意思表示が安全につながり、自分が方向を変える場合には早めのフラッシャー点灯が最も効果的。そうして確実にスピードダウンしてから狭い道に進入するのだが、このときに最も大切なのは頭の切り換え。それまでの速い流れに慣れてしまい、狭い道にはいってもなかなかスピードダウンしづらいものだが、広い道と狭い道ではまったく性格が違うもの。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこ …