スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自発性の低下したお母さんは

投稿日:

かぜの原因はビールスの感染にあります。ですから、ビールスの感染がなければ、かぜをひくことはない。このことを知っていれば、子どもが裸のままゆったりとしていても、「早く、早く」とせき立てなくてもすむこともあるでしょう。

小さい子供の衣類の着替えにはかなりの時間がかかります。まわりのものを見ながら着替えたりするでしょう。着替えの途中で遊び始めることもあるでしょう。余りにていねいすぎて、時間のかかることもあるでしょう。とくに裸のままうろうろしていたりゆっくりしたりしているとか。つい「早く、早く」とせき立て、それにのらない子どもを怒ってしまうことになるでしょう。

自発性のないお母さんは、ただガミガミと口先でいうだけに終わっています。自発性のあるお母さんの工夫としては、例えば、石験や歯ブラシを新しくするとか、子ども用の石輸箱と石験を与えるなどがあります。

子どもの発達をよく眺めていると

子どもの発達をよく眺めていると、非常にそれに対して興味を持ち、自分から進んでやるときと、興味を失い、面倒に思うときとがあります。この面倒に思う時期に入ったならば、どのようにしたならば再び興味を持つようになるかについて、いろいろと研究してみることが大切です。

望みたいことは、お母さんが口を出さないでも、自分から進んで習慣を守ることができるーということですが、このような状態になるためには、これからまだ数年はかかるでしょう。思春期をこえて、精神的離乳が完成したころを考えればよいと思います。そうした意味で、小学生で生活習慣が自立したように見えても、実は「にせもの」である場合が少なくありません。

そのほか、自分の子どもの興味の持ち方をよく見ていれば、いろいろなアイディアが浮んでくるでしょう。このようにして、生活習慣の自立は、四歳から五歳の間に一応の完成をみます。完成とは、お母さんが手を貸さなくてもできるという意味です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?

赤ちゃんはあまり食欲がないですか?母乳を与えている母親は、このような赤ちやんの拒絶が離乳食へ移るためのサインだと考えることもあります。でも、そうではありません。赤ちゃんはただ苛立っているだけなのです。 …

no image

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切

子どもの情緒の安定をはかりながらしつけをすることが大切です。お母さんが自分の都合で、何とか早く寝かしつけようとして焦りますと、それが子どもにもそれとなくわかり、かえっていらいらして寝つきが悪くなるもの …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

子供の嘘に対する対処方法

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわか …