スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの自発性の発達の遅れ

投稿日:

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、元気のよいいきいきと遊んでいる子どもたちにはなじめません。

家にいれば、サービスをしてくれる人がいるから、その方が楽です。また、園にいても、先生の手足にくっついて、離れようとしないでしょう。その点は、先生がうまく指導してくれるはずですから、毎日休まずに通園することが大切になります。自信は、自分であれこれと経験しているうちに、じょうずにやれたという経験によって育つものです。過保護を受けて、自発性の発達のおくれてしまっている子どもは、幼稚園で一人にされると不安が強くなります。それがつらいために、幼稚園をいやがるようになります。

お年寄りがいる場合には、しばしば困難が生じますが、通園を続け、先生との協力がうまくいきますと、子ども自身がお年寄りの手をふり切るようになります。つまり、自発性が育ってきたわけで、それとともに、お友だちともよく遊ぶことができるようになり、しかも、けんかを始めるでしょう。

過保護に扱ってきた部分を

家庭においても、過保護に扱ってきた部分を、少しずつ改めて、不完全でもよいから、子どもに「まかせること」、つまり、手を貸さないでじっと見ている態度を、お母さん自身が確立するように努力しなければなりません。

自発性の発達のおくれている子どもの生活史を点検してみますと、いたずらが少なく、反抗期もはっきりと現われていないのが特徴です。とくに、親のいうことを守ってきたにせの「よい子」の場合にそのことがいえます。そこで、にせものを取り除き、子どもらしくいきいきと活動できる子どもに変えなければ、かわいそうです。

お友だちの遊んでいるのをじっと見ていたり、それもしないでうろうろしていることになってしまいます。とくに、自発性の発達を援助することに重点をおいている園、つまり、先生からの指示の少ない保育をしている園では、うろうろしている姿が目立ちます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

バスから降りるとき子供が先に降りたがる

バスを先に降りたいといってわがままをいうような子どもがいても、それを許してはなりません。その点でいうことをきかない子どもがいれば、日常生活の中で、けじめをつける教育をしていないことの現われです。物質的 …

no image

今よりもちょっと悪い状況を考えてそれと現在を引き比べていく

今よりもちょっと悪い状況を考えて、それと現在を引き比べていくようにすると、今が有難く感じられ、喜びも出てくるようになるもの。子どもが何かやらかしても、「問題が起こせるということは子どもが元気に外に出て …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …

no image

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、 …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …