スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

子どもの自発性の発達の遅れ

投稿日:

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、元気のよいいきいきと遊んでいる子どもたちにはなじめません。

家にいれば、サービスをしてくれる人がいるから、その方が楽です。また、園にいても、先生の手足にくっついて、離れようとしないでしょう。その点は、先生がうまく指導してくれるはずですから、毎日休まずに通園することが大切になります。自信は、自分であれこれと経験しているうちに、じょうずにやれたという経験によって育つものです。過保護を受けて、自発性の発達のおくれてしまっている子どもは、幼稚園で一人にされると不安が強くなります。それがつらいために、幼稚園をいやがるようになります。

お年寄りがいる場合には、しばしば困難が生じますが、通園を続け、先生との協力がうまくいきますと、子ども自身がお年寄りの手をふり切るようになります。つまり、自発性が育ってきたわけで、それとともに、お友だちともよく遊ぶことができるようになり、しかも、けんかを始めるでしょう。

過保護に扱ってきた部分を

家庭においても、過保護に扱ってきた部分を、少しずつ改めて、不完全でもよいから、子どもに「まかせること」、つまり、手を貸さないでじっと見ている態度を、お母さん自身が確立するように努力しなければなりません。

自発性の発達のおくれている子どもの生活史を点検してみますと、いたずらが少なく、反抗期もはっきりと現われていないのが特徴です。とくに、親のいうことを守ってきたにせの「よい子」の場合にそのことがいえます。そこで、にせものを取り除き、子どもらしくいきいきと活動できる子どもに変えなければ、かわいそうです。

お友だちの遊んでいるのをじっと見ていたり、それもしないでうろうろしていることになってしまいます。とくに、自発性の発達を援助することに重点をおいている園、つまり、先生からの指示の少ない保育をしている園では、うろうろしている姿が目立ちます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

対話力の重要性を実感したある人のエピソード

改めて対話力の重要性を実感したある人のエピソードがあります。夕方になってキャンプファイヤーが始まった頃、ひとりの女の子が輪を抜け出して、若い男の先生のところにトコトコと近づいていくと、「先生、東京はど …

no image

生後11週以降の赤ちゃんの仕草や行動

生後一一週から一二週にかけて、あなたの赤ちゃんは次に紹介するような一連の仕草や行動を見せてくれるでしょう。これは移り変わる世界、で、次の成長のステップをク迎える準備をしているサインなのです。 ・親指を …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …

no image

赤ちゃんは出来事の世界で新しい能力を幅広く身に付けていく

あなたの赤ちゃんは、出来事の世界、で、新しい能力を幅広く身に付けていきます。どんな能力を身に付けるのかは、赤ちゃんの好みや興味の対象、あるいは目立った肉体的な特徴などに基づいています。 一語が二語の短 …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …