自動車

自動車会社の新車戦争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年の各自動車会社の「新車戦争」は、国内完成車と輸入車ブランドの両方今年の自動車市場のシェアを高めるために、第4四半期(10〜12月)の新しいモデルを続々とリリースしてもう一回競争を準備していた。第4四半期披露の主な新車をまとめ集めた。○国産車、中型·小型·ハッチバック国内企業が出す新車の中で最も注目を引くのは断然韓国GMの中型セダン「マリブ」だ。

現代自動車「ソナタ」、起亜自動車「K5」、ルノー三星自動車「SM5」などが角逐を繰り広げているが、市場でマリブは、任意の成績表を受け取るのに関心が集まっている。国内では初めてで販売されているマリブは、すでにGMの「ベストセラー」モデルに上がった車両である。1960年代、第1世代モデルが販売された後、2008年8世代モデルまで進化を重ね、売上高を増やしていった。マリブ国内モデルは、現在、米国市場で販売されているマリブのアップグレードモデルである。

新しく変わったデザイン

韓国GMは「新型マリブは2.0L 4気筒エコテックエンジン、6速自動変速機を搭載」「新しく変わったデザインに既に北米市場で検証された性能と技術力を整えたため、国内市場でも高い評価を受けることができること”と説明した。1987年の発売以来、根強い人気をドラッグした起亜自動車の「プライド」も完全に変わった外観と性能を備えて線を示す。新型プライドは1.4ガソリンエンジンと1.6 GDiエンジンの両方のモデルで発売される。

燃料消費効率は、1.4ガソリンがLあたり16.1km、1.6 GDiがLあたり16.7kmだ。特に1.6 GDiエンジンモデルの場合、停車中に自動的にエンジンを一時停止させるISG(Idle Stop&Go)システムが適用された「エコプラス」モデルも販売される。起亜自動車は、「熱線を適用した「テッドステアリングホイール」、クルーズコントロール、7インチナビゲーションなど中型車並みのさまざまな便宜装置を備えている」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加