スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分勝手に行動している父親

投稿日:

自分勝手に行動している父親がいます。家庭外での生活には、一切干渉しないほしいなどと公言している夫もいるほどです。そのような夫婦が作り出す家庭の中で育ってる子どもたちには、情緒の安定が得られません。ですから、暗い顔つきをしていることが少なくないのです。

妻がの前でおどおどしている。そんな家庭では、夫が威張って、妻をこきつかうのを何とも思っていないような風が見えます。ですから、妻はあまり話をしようとしませんし、「奥さんのご意見は?」ときいても、積極的に答えようとはしません。

犠牲者はいつも子どもその点で、団らんに欠けている家庭にいくと、何となしに冷たさが漂っています。形式はきちっと整っていても、ぎくしゃくしています。妻が夫に「気がね」をしていることが感じられたり、夫が妻に「内緒」にしていることがあるとうすうすわかったりします。

いろいろと不自然な態度を作り出している

親の身勝手が子どもをゆがめるとくにお父さんに女性問題(浮気など)が起きてきたときのお母さんの子どもに対する態度は、いっしょうけんめいにそれを見せないようにしていても、必ず現われてしまいます。むしろ、見せないように努力することが、いろいろと不自然な態度を作り出していることさえあります。

お母さんがお父さんのことで不安の多い日々を送っていますと、それが子どもに反映してしまいます。また、お母さんの養育態度も、心に不安があると首尾一貫しないものになってしまい、それが子どもの人格形成に影響を及ぼし、いろいろな問題行動を起こす原因となっています。

父親の身勝手な行動から、子どもの人格形成にゆがみが生じているのを見るにつけ、子どもが可哀そうでなりません。問題行動を起こして悩んだり、罰せられたりするのは子どもであって、お父さんではないにもかかわらず、その原因はお父さんにあるのですから。精神的な意味での崩壊家庭は、子どもの人格形成をゆがめてしまうこと、つまりは子どもを犠牲者にしてしまうことを、お母さんもお父さんも、よく考えてみて下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

どうか頭ごなしに叱らないで

よいお母さんやお父さんは、子どもの気持を汲みながら教育をすることができるようになろうと、子どものことについて勉強する人です。子どもを教育する以上、子どもについて勉強するのは当然のことといえましょう。両 …

no image

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同 …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

赤ちゃんと起き上がり遊びをする

起き上がりの遊び。この遊びはあなたの赤ちゃんの首がすわるようになって初めてできるものです。あなたは背中をどこかにもたせかけ、両足を曲げ膝を立てて、楽な姿勢で座ります。そして、赤ちゃんがちょうど座ってい …