スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分を受け入れることができるようになると

投稿日:

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にすることができるようになります。自分を自ら傷つけたりするようなことは決してしませんし、人を傷つけるようなこともしません。

自分が大好きになるということは、自分自身を受け入れ、認め、肯定できるということです。ここは人間関係を築いていくうえで最も大切な部分です。もし自分を好きになれなければ、周りにいる人を好きになることなどできません。好きでない人たちと人間関係をつくることはできません。

何よりも素晴らしいことは、甘えられた子は自分で自分を育てられる子になっていくということです。人は好きなものは夢中になって育てようとするものです。植物が大好きな人は愛と情熱を注いで大事に大事に植物を育てます。テニスが大好きという人は、もっとテニスが上手にできるようになろうと一所懸命練習し、自分のスキルを高めようとします。

自分も、そして相手のことも大事に

自分も、そして相手のことも大事にしようという気持ちのもてる人になっていくのです。さらに親に甘えられて「親は常に自分の味方だ」と思えることで、人から味方されているという安塔感をもつことができると、勇気をもてるようになります。「自分はみんなから愛されている。だから大丈夫!」という強い信念、自分への誇りが生まれ、勇気をもって自分の意思で決断し、行動していけるようになります。

このように好きなものには愛情を注ぎ、育て、高めようとします。もっと高みに自分を引き上げようと思うようになるのです。例えば悪さをしていても、これはあまりしちゃいけないこと断、自分を律することができるようになります。

善悪を判断し、選ぶ力が養われていきます。さらに、もしお母さんから叱られても「お母さんがそう言うのは、自分のためと思ってくれているんだということがわかるようになり、心のどこかで「ありがとう」と感謝の気持ちをもてる子になっていきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の嘘に対する対処方法

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわか …

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪 …