スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分を受け入れることができるようになると

投稿日:

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にすることができるようになります。自分を自ら傷つけたりするようなことは決してしませんし、人を傷つけるようなこともしません。

自分が大好きになるということは、自分自身を受け入れ、認め、肯定できるということです。ここは人間関係を築いていくうえで最も大切な部分です。もし自分を好きになれなければ、周りにいる人を好きになることなどできません。好きでない人たちと人間関係をつくることはできません。

何よりも素晴らしいことは、甘えられた子は自分で自分を育てられる子になっていくということです。人は好きなものは夢中になって育てようとするものです。植物が大好きな人は愛と情熱を注いで大事に大事に植物を育てます。テニスが大好きという人は、もっとテニスが上手にできるようになろうと一所懸命練習し、自分のスキルを高めようとします。

自分も、そして相手のことも大事に

自分も、そして相手のことも大事にしようという気持ちのもてる人になっていくのです。さらに親に甘えられて「親は常に自分の味方だ」と思えることで、人から味方されているという安塔感をもつことができると、勇気をもてるようになります。「自分はみんなから愛されている。だから大丈夫!」という強い信念、自分への誇りが生まれ、勇気をもって自分の意思で決断し、行動していけるようになります。

このように好きなものには愛情を注ぎ、育て、高めようとします。もっと高みに自分を引き上げようと思うようになるのです。例えば悪さをしていても、これはあまりしちゃいけないこと断、自分を律することができるようになります。

善悪を判断し、選ぶ力が養われていきます。さらに、もしお母さんから叱られても「お母さんがそう言うのは、自分のためと思ってくれているんだということがわかるようになり、心のどこかで「ありがとう」と感謝の気持ちをもてる子になっていきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもとゆっくりつき合うよいチャンス

下の子が寝ているときに、十分に相手をしてあげることが必要です。また、就寝の時間になっているのに、なかなか寝床に入ろうとしないときには、「早く寝なさい」などといって叱らずに、子どもとゆっくりつき合うよい …

no image

赤ちゃんを観察してみましょう

赤ちゃんの前にぶら下げたオモチャの方へ両手を伸ばし、オモチャの片側に左手を、もう片側に右手をもっていって両手を同時に閉じようとしました。ところが、オモチャは手からスルリと抜けてしまった。赤ちゃんがとて …

no image

両親で話し合いをしているか?

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

母子関係を育てるには

お母さんに内緒に物を与えることなどは、子どもを陰日向のある人格、つまり二重人格を作っているようなもの。とくに、孫を独占してしまうようなことがあると、母子関係が育ちません。お母さんは、お年寄りが甘やかし …