スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分を信じる力を育てる

投稿日:

自分を好きだと、自分を信じる力が育っていきます。自分を好きだから、自分のことを信じることができて、自信がもてるようになります。「自分は間違っていない」、「自分のやることは正しい」と思えるようになり、名誉や人からの評価を気にすることなく、自分の意思や信念を大事に生きていくことができるようになります。いい意味で自分で自分を正当化できる強さが育っていくのです。

甘えられない子は自分自身を肯定することができません。なぜなら甘えられないことで、親から自分の存在を愛してもらえていない、認められていないという自己否定の気持ちをもつことにつながるからです。

甘えるというのは、相手に徹底的に自分の心をゆだねていられるということ、安心感があるということです。安心感があるから自分を好きになることができます。さらに自分を好きになると人も好きになります。人との関係をうまくつくるには、何よりもまず自分を好きであることが前提になくてはいけません。そういう意味からも自分を好きになることができると、世の中で生きていくうえで大切な人間関係を築く力が備わるのです。

源泉が豊かでたっぷりであるほど

源泉が豊かでたっぷりであるほど、子どもは伸び伸びと育ち、生きていくうえで必要となる基本的な力を身につけていきます。人生を生き抜いていくうえでの根本となる力につながっていくのです。

甘えられて、何ものにも邪魔されることなく、自分の思いを存分に温かく受け止めてもらえることで、「うれしい」「楽しい」「幸せ」といった情感が満たされ、子どもは「生まれてきてよかったー」と心から思うようになります。世の中のすべてに安心し、生きていること自体がうれしくてたまらなくなりますから、心の中がやる気でいっぱいに満ちて、何をするにも精一杯、思い切りやろうとするようになります。

具体的には、次のようなとても大切な力が育っていきます。

・何事も乗り越えていく力
・周りを信頼する力
・自分を好きになる力
・自分を信じる力(自信)自分を肯定する力

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …

no image

生後四週目くらいの赤ちゃんの特徴

生後五週目か六週目の赤ちゃんは、まだ自分が興味をもったことを行動で示すのに、とても苦労します。研究室の実験では、赤ちゃんと遊んでいる母親が映っているカラーのビデオに目の焦点を合わせようとするため、赤ち …

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …

no image

事柄・事項にだけ答えてもダメ

「こうしたらいいんじゃない?」と子どもなりに考えて提案してきたことに、「そんなの無理に決まっているじゃないの」「何をバカなこと言っているの」「できっこないのに、そんなこと言わないの!」と言い放てば、子 …

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …