スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分を信じる力を育てる

投稿日:

自分を好きだと、自分を信じる力が育っていきます。自分を好きだから、自分のことを信じることができて、自信がもてるようになります。「自分は間違っていない」、「自分のやることは正しい」と思えるようになり、名誉や人からの評価を気にすることなく、自分の意思や信念を大事に生きていくことができるようになります。いい意味で自分で自分を正当化できる強さが育っていくのです。

甘えられない子は自分自身を肯定することができません。なぜなら甘えられないことで、親から自分の存在を愛してもらえていない、認められていないという自己否定の気持ちをもつことにつながるからです。

甘えるというのは、相手に徹底的に自分の心をゆだねていられるということ、安心感があるということです。安心感があるから自分を好きになることができます。さらに自分を好きになると人も好きになります。人との関係をうまくつくるには、何よりもまず自分を好きであることが前提になくてはいけません。そういう意味からも自分を好きになることができると、世の中で生きていくうえで大切な人間関係を築く力が備わるのです。

源泉が豊かでたっぷりであるほど

源泉が豊かでたっぷりであるほど、子どもは伸び伸びと育ち、生きていくうえで必要となる基本的な力を身につけていきます。人生を生き抜いていくうえでの根本となる力につながっていくのです。

甘えられて、何ものにも邪魔されることなく、自分の思いを存分に温かく受け止めてもらえることで、「うれしい」「楽しい」「幸せ」といった情感が満たされ、子どもは「生まれてきてよかったー」と心から思うようになります。世の中のすべてに安心し、生きていること自体がうれしくてたまらなくなりますから、心の中がやる気でいっぱいに満ちて、何をするにも精一杯、思い切りやろうとするようになります。

具体的には、次のようなとても大切な力が育っていきます。

・何事も乗り越えていく力
・周りを信頼する力
・自分を好きになる力
・自分を信じる力(自信)自分を肯定する力

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子にな …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

赤ちゃんへの母親の不安

赤ちゃんは全く新しい世界に投げ出され、驚きながらもさまざまな刺激に立ち向かおうとしています。それは簡単なことではありませんから、あなたの手助けを必要としている。赤ちゃんが困難な時期を迎えていることを、 …

no image

多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っている

赤ちゃんは立ち上がったりすわったりするのが好きですか?多くの赤ちゃんは立ち上がりたいと思っています。あなたの赤ちゃんもそうなら、ベビーサークルの中や揺りカゴの中、ベビーベッドの上(危険ですから注意)、 …