スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

投稿日:

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘えられた子は、常に自分は大事な存在であると思うことができるようになります。それが「自分は自分であっていい」と自分の存在そのものを肯定することにつながり、自分の存在を丸ごと受け入れていけるようになります。

周りを信頼する力

甘えさせてもらえなければ、周りはみんな敵ばかりという気持ちが育っていってしまうでしょう。けれども「自分は大事にされている」、「味方になってもらえている」といった安心感の中で育つと、周りに対しても安心し、信頼できるょうになっていきます。自分を信頼し、人を信頼できる子になるのです。甘えられるというのは、甘えさせてもらうことができる、ということです。それができるのは、自分が好かれ、認めてもらえている証です。

自分を好きになるのも、自分に自信がもてるのも、自分を肯定し、困難を乗り越えていくのも、人を信じて信頼することも、すべてまとめて精神力です。すなわち、たくさん甘えて甘えきれた子、は、大きな喜びと安心感を土台に、自分の精神的な部分を育てていくことができるようなるのです。豊かで強固な精神力を機に、自分自身で心の力を高めていくことができるょうになっていきます。

何事も乗り越えていく力

何事にも向かっていくことができるようになる、立ち向かうエネルギーがもてるようになることで、どんな困難があっても乗り越えていく、恐れず挑戦する、そうした精神力が生まれるのです。甘えられることは喜びです。そして大きな安心感です。体中が喜びと安心感で十分満たされていれば、しっかりとした足場がもてるようになります。足元が固まれば、ここぞというときにグッと足を踏ん張って地面をバネに高くジャンプすること。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満 …

no image

自発性のないお母さんは

働いている夫に対して、「思いやり」を持つ必要はありますが、一日も早く、家庭を大切にする社会の風潮を作ることが大切です。それには、どうしても夫婦の間の話し合いの時間をどこかに作り上げる努力から始めなけれ …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

ギャングエイジの体験の子供には必要

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それは …

no image

上の子と下の子の間に差別がないようにする

上の子と下の子を育てるときのお母さんの意識のちがいが、それぞれの子どもの人格形成に影響を及ぼしている。ですから、「同じように育てているのに」という言葉は全く当らない。上の子のときには、甘やかしてはなら …