スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分の信条・信念を持たせるように育てる

投稿日:

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりとやらないうちに、前輪の知性や意志の部分を教え込もうとしてしまうのです。

栄養のある食べ物を食べさせて体をしっかり育ててあげること、五感を育て感情や情感を育ててあげ、気持ちをいつも満足させてあげることここの一つを十分にしてあげてから、知性=思考力、知識等を育てること、信念や信条や自分の意思といったものを育てていくことが必要。

二歳になるFくんのお母さんも、まさにそうでした。ご飯の時間になると何も言わなくても自分のお著とお茶腕をテーブルまで持っていくそうです。お父さんやお母さんの言うことには何も逆らわず、とても優等生ですから、お母さんにとっても素直でいい子な自慢のお子さんでした。

お母さんは大変に凡帳面な性格

Fくんのお母さんは大変に凡帳面な性格で、早いうちからFくんのしつけを熱心にされてこられました。Fくんは二歳ですが、お母さん同様に凡帳面で、男の子なのにおトイレでおしっこした後もティッシュできちんと拭くような子です。

絵本を読んでいるときも、Fくんが白クマを指して「クマさんだ」と言うと、「それはクマさんじゃなくて白クマさんでしょ。間違えちゃダメ」と教え直し、ペンギンを見せてイワトビペンギンとコウテイペンギンの違いを教えたり、知識教育にも熱心でした。お母さんは、Fくんが他の子より歩き出すのがちょっと遅かったこと、言葉の出るのが少し遅かったことを気にされていて、その分しつけにはとても力を入れていたようです。

そのFくんがあるときから「ママ嫌い!」と言うようになって、お母さんは大変にショックを受けてしまいました。Fくんが「ママ嫌い!」と言うようになってしまったのは、お母さんが「こう育てなくちゃ」と思うあまりに、育てる順番を間違えてきてしまったことに原因があったようです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

子供が好きでない親によって心は冷たく閉ざされていく

肌のふれ合いは、実は、子ども好きかどうか、子どものためにその気持をよく汲んで可愛がるかどうかにかかっているといえましょう。それは、子どものためには、自分のしたいこともがまんするという「思いやり」の心と …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

赤ちゃんの感覚の急速な発達

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、赤ちゃんの感覚は急速に発達し、周りの世界に対して強い興味を示すようになります。多少とも好奇心が旺盛になりますが、当然赤ちゃんによってそれぞれ好みがあります。視覚の発 …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …