スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

自分から進んで勉強するようにする

投稿日:

自発性の発達しているお父さんは、子どもに問題が起きるまでは妻まかせにしていても、いざとなると妻といっしょに相談を受けにやってきます。そして、積極的に問題の解決に当ろうとします。

子供の自発性が発達してくれば、劣等感をも自分で処理する能力ができる。自分から進んでお友だちも作りますから、学校も面白くなり、いきいきとした毎日を送るようになります。がまんにがまんを重ねて子どもに「まかせる」ことを続けていますと、約半年から一年で、子ども自身、これではいけないと思い始めます。

自分自身で何とかしなければいけないーと思い始めたときに、自発性の発達が始まります。自分で勉強する気持が強くなりますし、そうなると勉強が面白くなるので、どんどんと勉強をするようになります。

お母さん自身の自発性が弱いことが多い。また、なかなか決断の下せないお父さん。あるいは困難な問題から逃避して、妻君にさせようとするお父さんがいます。そのようなお父さんは、子どもに問題が起きると、「お前の教育がよくなかったからだ」といって妻を責めることはしても、自分から解決に当ろうとしないものです。

自発性の発達しているお母さんは

同じことが、お母さんについてもいえます。自発性の発達しているお母さんは、何回かいっしょに話し合いをしているうちに、腹が決まります。子どもに「まかせよう」と腹が決まりますと、それが子どもにも伝わります。

お母さんから何もいわれなくなった子どもは、初めはせいせいします。顔つきも明るくなります。しかし、次第に責任の重さを感じ始めます。そうなると、一時はお母さんに依存したくなって「お母さんは冷たい」とか「お友だちのお母さんは子どもに親切だ」などいい始めます。

このような経過をたどって自発性が発達してきますと、自分のことは自分で考えてするということで、勉強もその態勢に移ります。自発性を伸ばすことによって学習意欲を高めることが、知的能力を高めるのにいかに大切であるかを痛感しています。

お母さんが何もいわなくても、その表情やちょっとした動作にそれが現われてくるからです。
子どもから「冷たい」といわれると、腹がぐらつくことがありますが、自分の心に問うてみれば、決して冷たいお母さんではないはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

親子で遊ぶ-休日はお父さんの努力を求めましょう

同じような志をもったお母さんといっしょになって、二組で遊ぶことができれば、いっそう楽しくなるでしょう。休日は、お父さんの努力を求めましょう。郊外に子どもを連れ出して、山のぼりをしたり、ハイキングをした …

no image

もっと親の主張が伝わっていくためには

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげること …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …

no image

赤ちゃんと起き上がり遊びをする

起き上がりの遊び。この遊びはあなたの赤ちゃんの首がすわるようになって初めてできるものです。あなたは背中をどこかにもたせかけ、両足を曲げ膝を立てて、楽な姿勢で座ります。そして、赤ちゃんがちょうど座ってい …