スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

自分を売り買いのような交渉に乗っかる女だとはけっして思いたくない

投稿日:

あるバーで、一人の客が、店内の暖房を弱めてくれと要求した。ママは、当然のことのように客の要求に応じた。すると、若いホステスが「困っちゃうな、あたし冷え性なのに」と裸の肩をさすり始めた。そこで、問題の要求を出した男性客は、さっと立ち上がり、玄関脇の洋服掛けまで歩いていって自分のコートを取った。そして、遠い席にいた冷え性のホステスの肩に、そっと自分のコートを掛けてやった。

「ごめんね。これで、ちょっとガマンしていてよ」それでもう、冷え性のホステスは、コートの彼にグーンと惹かれてしまった。「あそこの席に移りたい」とママに訴えて、閉店まで彼にべったりと寄り添っていたとのこと。その後、コートの彼がいい思いをしなかったはずはない。ここでの教訓は、「さりげない気づかい」である。

パシリをやることもあるし、パソコンの立ち上げやAV機器の配線をやってやることもある。しかし、はたしてそれで彼女はYESと言うだろうか?答えはNOである。なぜなら、こうしたやり方は、「だから、ちょうだい」という下心が見え見えだから。

アナタがほしいと言うかわりに

意中の彼女に対する男のホンネといえば、いうまでもなく「この女がほしい」である。だが、「ほしい、ほしい」とストレートに訴えさえすれば手に入る、というものではない。女性には「私は売り物でも食べ物でもありませんよ」というプライドがあるのだから。もちろん、たいていの男は、そのくらいのことは知っている。だから、「アナタがほしい」と言うかわりにA級のデートコースを計画したり、誕生日、ホワイトデー、クリスマスに薬勢なプレゼントをしたりする。

「彼女だって、どうせ、こちらのホンネはわかっているんだから見え見えもへったくれもあるか」と思いたい気持ちはわかる。だが、女性というものは、「見え見えの誘い」より、「見え見えの誘いに乗る自分」を嫌うものだ。つまり、自分を売り買いのような交渉に乗っかる女だとはけっして思いたくないのである。

女性と歩道を歩くとき、それとなく車道側を歩く。エレベーターのドアを背中で押さえて、女性を先に通してあげる。そういうさりげなさにこそ、女性は弱いのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

年収の低い彼との結婚に悩むある女性

結婚を考えている彼の年収が一〇〇万円しかありません。やっていけるでしょうか、とある人は語る。先日、私は彼に、サッカーは趣味にして、定収を得られる仕事に就いてほしい、とたのみました。でも彼の答えはNOで …

no image

デートを徹底的にダンドリする男

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …

no image

第一印象で好意を持たれるために3分を大事にする

世間には、いわゆる。ナンパ指南書が溢れているが、みるところ、それらの本は、ベテランのナンパ師の自慢話ばかりで、フツーの男が真似するのはどうかと思わせられるようなものが多い。 ときには、相手が初対面の女 …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …