読書

自分にとってマイナスになるようなことに命を賭けちゃうの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分にとってマイナスになるようなことに命を賭けちゃうの。今さら先祖恨んだって、親恨んだって、人生どうにもなんねえの。天性で成功の方向に行けているんなら、神に感謝する、親に感謝する、先祖に感謝する。だけど、もし行けてねえなら、自分の行きてえほうに変えていかなきゃ駄目なんだよ。

あんたの努力は、反対のほうの努力してんだよ。だから、どんどん不幸になっていっちゃうの。成功する人も不幸になる人も、一日は二四時間で、やってることは同じなんだよ。同じ頭で同じようなことしてるんだよ。それがなぜこんなに人生がちがっちゃうのかっていうと、そういう人っていうのは必要のないことが好きなんだよ。

最後に男の人に言っておきたいんですけどね、これから女性はどんどん利口になってくるんです。覚悟しておいたほうがいいですよ。昔、女性は頭をあんまり使わなくてよかったんだ。世の中に出ていかなくてもいいから経済のことは知らなくてもよかったの。だから、男はただ夢を語ってりゃよかったんだよ。

どうやって幸せにしてくれるんですか?

その夢が私をどうやって幸せにしてくれるんですか?あなたホントにそれで私を幸せにするんですか?って聞かれるよ。ひと昔前の夢は俺はオートバイでアメリカ一周したいんだって語ってもよかった。でも、これからはそんな夢を見てるとそれが何なんですか?って言われちゃうんだよ。そのことが私を幸せにすることに、何か関係があるんですか?って。

ろくでもねえ夢でも、夢を語ってると好いてくれる女性がいたんだよ。ところが最近の女の人は、社会に出ていく人が多いから、経済観念のない夢なんか話してると、こいつはバカだってはっきりわかっちゃうんだよね。

貯金はいくらあるんですか?そこで貯金ありませんなんて言ったら、じゃ私の貯金で行く気ですか••そうなっちゃうよね。女性はどんどん利口になっていくから、男は三倍くらい利口になるつもりで勉強していかないと、おいていかれちゃうんだよ。それでも好いてくれちゃうような女性だったら、逆に男が苦労しちゃうからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加