自動車

ジープラングラースポーツなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的なアウトドアSUVを探しているならクライスラーの「ジープ·ラングラースポーツ」を注視するに値する。ラングラーモデルの国内で初めて発売されるソフトトップ(屋根が布になっている車)モデルである。

様々なコンバーチブル·スポーツカーを披露フォルクスワーゲンは、代表準中型車である「ゴルフ」のコンバーチブルモデルである「ゴルフカブリオレ」を発表した。ジュネーブモーターショーで発表されたゴルフカブリオレは、既存の第6世代のゴルフをベースに開発された。ソフトトップ方式を採用しており、転換中に比較的低価格が最大の強みである。

屋根を開け閉めに9.5秒かかり時速30km以下で走行中いつでも開いたり閉じたりすることができる。2L級ターボディーゼルエンジンと6段自動変速機で最高出力140馬力を発揮し、燃費はL当たり16.7kmである。

トヨタ自動車は、小型後輪駆動(後輪MSPゴシック)スポーツカーである1986(日本語で八六)」を釜山モーターショーで、国内市場にリリースした。トヨタが最近運転に興味を失っていく若者を攻略するためにスバルと共同開発したモデルである。2L級ガソリンエンジンで200馬力を発揮する。燃費は日本の基準13.4km。

高級車市場攻略のため

最近大幅に増えた高級車市場攻略のための高価なスポーツカーも多数出てくる。フェラーリは458スパイダーを発表しました。世界初のミッドリアエンジン(エンジンを車体の中央部と後部との間に装着する方式)に折りたたみ式鉄製の屋根を装着してハンドリング性能を高めた。4.5L級8気筒ガソリンエンジンで570馬力の高性能を誇る。燃費はL当たり5.6km。

アウディは、世界333台湾限定生産する「R8 GTスパイダー」を発売した。最高出力560馬力を発揮する高性能コンバーチブルである

フォルクスワーゲンが発売した新型「CC」は外観デザインを一新し、道路状況や走行状況に応じて能動的にサスペンション(車体下部衝撃吸収装置)の状態を調整するダイナミックシャーシ制御システムを付けた。

ベンツは若年層攻略のための準中型車の新型「Bクラス」を出した。1.8L級ディーゼルエンジンをつけて最高出力136馬力を出す。燃費はL当たり15.7kmである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加