クレジットカード

残高無視計算による訴訟提起とその後の訴訟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・残高無視計算による訴訟提起とその後の訴訟

残高無視の計算書は、返済から始まっており、請求する側としても不思議に思っています。貸金業者が取引雇歴をー部しか開示しないので、当初残高を無視し、開示された取引履歴だけを前提にして法定利率で計算して提訴しました。主張・立証するにあたって、特にどのような点に注意すればよいでしょうか。このような請求が認められるのでしょうか。

「回答」

残高無視計算とは、貸金業者から開示された取引履歴のうち、当初貸付残高だけは無視し、その他の取引履歴についてこれを正しいものと認めて法定利率で引直計算することをいいます。貸付残高を無視できる理由は、貸金業者が当初貸付残高額の証明をしていないことにあります。残高無視計算による請求を、裁判所も認めて判決しています。貸金業者が、取引履歴の一部しか開示しないときで、本来の取引当初までさかのぼって推定計算することが煩雑であったり、不可能であったりする場合に有効な引直計算の手法です。

計算を始めると、最初の取引が返済から始まる(貸付残高がマイナスから始まる)場合が多々あります。貸金業者との取引であるのに貸付けもないのに、いきなり返済から始まるとは実に奇妙です。裁判所はこのような計算で本当に請求を認めてくれるのか不安になります。しかし、数々の裁判所で、残高無視による計算の結果を認めて貸金業者に支払いを命じています。

当初貸付残高を無視した結果として

当初貸付残高を無視した結果として、当初貸付残高は、0円となります。当然、残高無視計算の利息計算書では、貸付残高は0円でスタートすることになります。しかし、これは、貸付残高を0円と認定して引直計算するわけではないことに注意してください。無視した結果として貸付残高が0円となるのです。貸金業者の「当初貸付残高金円」との主張を無視して計算しているにすぎません。

開示されている取引履歴に争いはない残高無視計算による請求の場合、貸金業者が開示した取引履歴に基づいて計算していますので、その取引履歴の貸し借りの金額・日付は、貸金業者と原告(債務者)の間で争いはありません。争いとなるのは、貸金業者の開示した取引履歴の最初に記載されている貸付残高を原告(債務者)が無視して計算している点(貸付残高の記載がない場合には、残高がないことを前提として計算している点)だけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加