スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

幼稚園の自由保育はメリットが多くおすすめ

投稿日:

自発性の発達のおくれている子ども、すなわち過保護や干渉の多い中で育った子どもは、自由保育の中ではお友だちとよく遊べません。うろうろしていたり、ぼんやりしています。お友だちと遊んでいるように見えても、自発性の発達のおくれている子どもと遊んでいますから、けんかをしません。

幼稚園や保育所が、子どもの自発性の発達を考えて、自由保育を中心に保育していること。自発性の発達している子どもは、それが認められることによっていきいきします。そして、自己主張の強いお友だちとたびたびけんかをくり返しながら、自己主張の仕方を変え、相手の立場を考えるようになります。これが本当の意味での社会性の発達を意味します。

一方、お母さんに対する「甘え」は続きます。お友だちからいじめられたり、お友だちと「けんか」をしたりしたあと、ふっとお母さんのひざにのろうとするでしょう。そのときには、ひざにのせてあげて下さい。お母さんのひざにのっているだけで、情緒の安定ができるのです。

よい子のように見えますが

よい子のように見えますが、実は、思春期以後になって問題を起こす心配があります。友だちとよく遊ぶことのできる子どもは、友だちといっしょになって「いたずら」をするでしよう。この時期の「いたずら」も、探索欲求の現われであり、冒険心の発現です。友だちと遠出をして、両親を心配させることさえあります。お母さんは心配したので、叱りたくもなるでしょうが、冒険心の現われであることもよく知っていてほしいのです。

また、家にいるときには、お母さんやお父さんと遊ぶのが好きです。ですから、夜とか休日に、親子で楽しく遊ぶ機会を作る努力が必要です。そうした努力によって、一家の団らんが生まれます。そうした団らんが、子どもの情緒の安定に大きな役割を演ずるのです。あるいは、できれば、親しい一家とピクニックにいくことも、楽しい思い出になるでしょう。生活経験も豊かになり、適応の能力も発達します。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止 …

no image

子供に車の危険性をしっかりと教えておこう

「バックミラーは何のためについているのだろうか?」と子どもたちにきいたところ、「お巡 りさんが来ないかを見る」と答えた子どもがいました。明らかに、お父さんの運転するときの態度が子どもに反映しています。 …

no image

赤ちゃんへの母親の不安

赤ちゃんは全く新しい世界に投げ出され、驚きながらもさまざまな刺激に立ち向かおうとしています。それは簡単なことではありませんから、あなたの手助けを必要としている。赤ちゃんが困難な時期を迎えていることを、 …

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

赤ちゃんがいつまでも泣き止まない原因

心が慰められなければ、本来ならびっくりするような新しい世界を見つけ出すためにうまく使われるべき赤ちゃんのエネルギーが、泣くこと、によってすべて浪費される。赤ちゃんは心が発達するたびに、急速な成長がみら …