スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

幼稚園の自由保育はメリットが多くおすすめ

投稿日:

自発性の発達のおくれている子ども、すなわち過保護や干渉の多い中で育った子どもは、自由保育の中ではお友だちとよく遊べません。うろうろしていたり、ぼんやりしています。お友だちと遊んでいるように見えても、自発性の発達のおくれている子どもと遊んでいますから、けんかをしません。

幼稚園や保育所が、子どもの自発性の発達を考えて、自由保育を中心に保育していること。自発性の発達している子どもは、それが認められることによっていきいきします。そして、自己主張の強いお友だちとたびたびけんかをくり返しながら、自己主張の仕方を変え、相手の立場を考えるようになります。これが本当の意味での社会性の発達を意味します。

一方、お母さんに対する「甘え」は続きます。お友だちからいじめられたり、お友だちと「けんか」をしたりしたあと、ふっとお母さんのひざにのろうとするでしょう。そのときには、ひざにのせてあげて下さい。お母さんのひざにのっているだけで、情緒の安定ができるのです。

よい子のように見えますが

よい子のように見えますが、実は、思春期以後になって問題を起こす心配があります。友だちとよく遊ぶことのできる子どもは、友だちといっしょになって「いたずら」をするでしよう。この時期の「いたずら」も、探索欲求の現われであり、冒険心の発現です。友だちと遠出をして、両親を心配させることさえあります。お母さんは心配したので、叱りたくもなるでしょうが、冒険心の現われであることもよく知っていてほしいのです。

また、家にいるときには、お母さんやお父さんと遊ぶのが好きです。ですから、夜とか休日に、親子で楽しく遊ぶ機会を作る努力が必要です。そうした努力によって、一家の団らんが生まれます。そうした団らんが、子どもの情緒の安定に大きな役割を演ずるのです。あるいは、できれば、親しい一家とピクニックにいくことも、楽しい思い出になるでしょう。生活経験も豊かになり、適応の能力も発達します。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

妻の気持ちが分からない夫にならないで

夫であり妻であるという関係をよいものにしていくことが、子どもの人生を幸福にしていく出発点になるということをしっかり心に刻んでいただきたい。相手の生いたちや育った環境を思い、その影響を理解してみましょう …

no image

子どもの気持ちは不安定-あなたが分かってあげよう

世の中はお父さんを元気づけたいという思いのほか、「パパに嫌われたくない」「パパとママがケンカしているのはボクのせいじゃないか」が渦巻ていたのだと思います。そのお父さんには「パパはママのことが大好きだ」 …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …

no image

子どもとゆっくりつき合うよいチャンス

下の子が寝ているときに、十分に相手をしてあげることが必要です。また、就寝の時間になっているのに、なかなか寝床に入ろうとしないときには、「早く寝なさい」などといって叱らずに、子どもとゆっくりつき合うよい …

no image

一年生ママにとってつらい時期

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問 …