スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

幼少期から音楽をさせることについて

投稿日:

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろいろと検討した結果、そうなったのです。

近ごろの風潮として、音楽にしても絵にしても、幼いころからやらせることがょいっしょにいわれることがあります。しかし、そのことについてはいろいろな角度から検討してみなければなりません。とくに、それは幼児に対する音楽教育にっいていえるのです。

先生にとって勉強しやすいギターと笛を主に使っています。これならば、晴れた日などに園庭に子どもたちを連れ出して、みんなで歌うことができるからです。部屋のスペースをとることや移動ができないということがありますし、子どもの姿を見ながら先生が弾くことができにくいということもあります。それ以上に子どもが自分で歌う声が、自分の耳に入ってくることが、幼児の音楽教請して大切であるという結論が出たのです。

お母さんとお父さんとでよく研究し合って

子どもの教育には、どのようなものにせよ、お母さんとお父さんとでよく研究し合って、自分なりの考えを固めた上で実行しなければ、子どもをかわいそうな目にあわせることになるのです。そうしたかわいそうな目にあっているかどうかは、すぐにはわかりません。それがはっきりするのは、中学生や高校生になってからです。

幼児期の子どもたちにとって、どのように音楽教育をすればよいかについて、もう一度考え直してみてほしいということから、以上のようなことを述べたわけです。というのも、近所の子どもが習い始めたからーとか、お母さんの友だちに誘われたから、といった具合に、お母さん自身が自分の考えを持たず、十分に研究もしないで、何となしに音楽教室へ通わせている例が余りにも多く、その被害を受けている子どもたちがいるからです。

子どもがその年齢になって、小さいときに音楽教室なんかに通わせたのは、何にもならなかということであれば、子どもには時間の浪費をさせたことになりますし、、それが人格形成にも影響しているはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんに言葉を覚えさせる最良の方法

赤ちゃんに言葉を覚えさせる最良の方法は、たくさんの言葉を語りかけることです。どんな時にも赤ちゃんの名前を呼びかけ、テーブルにお皿を置く時にもパンがほしいの?と尋ねたりして、さまざまな質問をしてあげまし …

no image

運動嫌いの子どもは友だちができにくい

ある合宿に参加した三年生の女の子は、なかなか戸外遊びをしようとしません。誘い出してもすぐに部屋に戻って、本ばかり読んでいるのです。しかも、夕方、ベッド作りをしてシーツを敷いたあと、子どもたちがその子の …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …

no image

子供の人見知りが激しい状態になる

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつく …

no image

抱いて欲しいと赤ん坊がサインを出したら

四カ月の赤ん坊ですから、まだ目はよく見えません。ですから、抱かれ心地で、お母さんを見分けたのだと思います。そこで、赤ん坊の気持を「思いやる」ならば、抱いてほしいと赤ん坊が要求しているときに、抱いてあげ …