スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

酔っぱらって覚えてないのは本当ですか?

投稿日:

こう着状態がイヤになった私は、会社に不満があったこともあって、これを機に転職して、彼のことを忘れようとしました。ところが、先日組合の役員に選任され、立場上辞めることができなくなってしまいました。というのも私が女性では数年ぶりの役員なので周囲の期待も大きく、それには応えたい気持ちが正直あります。このまま毎日、彼に傷つけられながら忘れることもできないのかと思うと、情けない気持ちです。

口説いておきながら酔っばらって何も覚えていないというのは本当ですか?ある出版社に勤めています。5歳年上の同僚が好きになり、勇気を出して打ち明けました。でも、その後何の返事もありません。酒の席では今はフリーだとか、私のことをかわいいとかいうのですが、翌日になると酔って何も覚えていないなどとヌカしています、とある人は語る。

男女雇用機会均等法が実施されているが、それを土足でふみにじっているのが、若き不倫OLたちである。先輩たちがせっかく開拓した道を、再びぐちゃぐちゃにしているのだ。少しでも、先輩たちに敬意を払う気があるなら、不倫は会社に持ちこまない、気づかれない、悟られない、この心構えでいてほしい。

不倫の鉄則は社内で絶対気づかれないこと

不倫の鉄則は、社内で絶対気づかれないこと。これができぬくらいなら、最初っから足をつっこむものではない。なぜなら、オフィスをひっかき回したあげく退社、では、会社としては、なんでこんな女を雇ったんだということになる。私が社長だとしたら、必ずそう思うことであろう。そして、来年から、女は雇うのよそうと思うかもしれない。

五人中四人の男性が、酔っばらって何も覚えてないというのはウソだ。ちゃんと記憶にある。あるけど、恥ずかしいから覚えてないことにしていると申します。酔って何も覚えていないというのは、口実にすぎないのです。でも、それを彼の優しさと、あなたは受け取れませんか。

女の子から好きだと告白される。同じ会社の子だ。ムゲに断わるのもカドが立つ。やんわり逃げよう。それで、あとで覚えていないと切り抜けよう。これがおそらく彼の心理だと思います。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

寂しいのでつい不倫してしまいました

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係を …

no image

彼女の話の聞き役になってあげる

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなこ …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

デートを徹底的にダンドリする男

スピルバーグ監督の大ヒット映画『ジュラシック・パーク』の原作には、「フラクタル理論」という数学理論が登場する。ごく簡単に言うと、いかに高度な数学で原因と結果の相関関係を究明しても、現実に起こる出来事は …

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …