スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

良い子で素直で申し分のないお子さん

投稿日:

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子」に目がくらんでしまいます。

今の幼稚園の多くが、先生のいうことに従う子どもを望んでいます。そのような園の教育目標には、「すなおな子」とか「けんかをしない子」などがかかげられています。もちろん、すなおーということは必要です。しかし、それが外面的であれば、にせものです。内面的なすなおは、自分の心に忠実であるということ。

小学校でも、先生の中には、にせものが好きな人が少なくありません。カッコよく先生のいうことに従い、しかも学業成績がよいと、「申し分のないお子さんです」などといわれている低学年の子どもがいます。このような子どもが、思春期以後になって、どんなに苦しんでいることか。

よい子と評価されている子どもの中には

幼稚園の先生から「よい子」と評価されている子どもの中には、そうした子どもが少なくないのです。親たちの中にもまた、外面的な「すなおな子」を望んでいる者が多いので、子どもはにせの「よい子」のまま園生活を送ることになり、自発性の発達はとまったままになっているのです。

この時期に友だちを作る力が育っていないと、その後においては、なかなか育ちにくいものなのです。そして、孤独になった子どもは、思春期以後になって大きな危機に見舞われます。四歳から六歳までは、友だち作りを最重点において、子どもを育てましょう。

登校拒否やノイローゼなどで苦しんでいる子どもの多くが、幼稚園や小学校のときに、先生からのほめられ者であったのです。とにかく、四~六歳で、友だちとよく遊び、しかも、いっしょにいたずらをしたり、けんかをしたりすることのできる子どもにすることが大切です。外面的な「すなおな子」「よい子」というのが必ずしもよいとは限らないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母の顔色ばかりを伺う子供

Kくんという小さな男の子がいます。厳しい叱りつけは生活全般におよび、Kくんが何かちょっとミスをしこしたり、言われたようにすぐに片づけをしなかったりすると、容赦なく叱責していた。おもらしやおねしょはしょ …

no image

赤ちゃんはママの手が大好き

一般に、赤ちゃんはママの手が大好きで、触ったり撫でたりして、しっかり観察しようとします。あなたの赤ちゃんもあなたの手で遊ぶのが好きならば、手の平や手の甲が見えるようにゆっくり回してあげましょう。そして …

no image

赤ちゃんと飛行機遊びなどで遊ぼう

赤ちゃんはあなたの手を借りて、からだ全体を動かすような遊びがとりわけ好きになります。同じ動きばかりが続く遊びより、むしろ次々と変化するような遊びをしてあげる方がよいでしょう。やさしい動きやゆっくりした …

no image

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付け …

no image

親は偉いと思い込むことは危険

多くの両親は微慢です。「お母さんだってやってるくせに」などといわれると、頭にきてしまいます。そして、「人のことをっベこベいうな?」と大声をあげるばかりでなく、手を振り上げるかも知れません。真実に対して …