スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

良い子で素直で申し分のないお子さん

投稿日:

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子」に目がくらんでしまいます。

今の幼稚園の多くが、先生のいうことに従う子どもを望んでいます。そのような園の教育目標には、「すなおな子」とか「けんかをしない子」などがかかげられています。もちろん、すなおーということは必要です。しかし、それが外面的であれば、にせものです。内面的なすなおは、自分の心に忠実であるということ。

小学校でも、先生の中には、にせものが好きな人が少なくありません。カッコよく先生のいうことに従い、しかも学業成績がよいと、「申し分のないお子さんです」などといわれている低学年の子どもがいます。このような子どもが、思春期以後になって、どんなに苦しんでいることか。

よい子と評価されている子どもの中には

幼稚園の先生から「よい子」と評価されている子どもの中には、そうした子どもが少なくないのです。親たちの中にもまた、外面的な「すなおな子」を望んでいる者が多いので、子どもはにせの「よい子」のまま園生活を送ることになり、自発性の発達はとまったままになっているのです。

この時期に友だちを作る力が育っていないと、その後においては、なかなか育ちにくいものなのです。そして、孤独になった子どもは、思春期以後になって大きな危機に見舞われます。四歳から六歳までは、友だち作りを最重点において、子どもを育てましょう。

登校拒否やノイローゼなどで苦しんでいる子どもの多くが、幼稚園や小学校のときに、先生からのほめられ者であったのです。とにかく、四~六歳で、友だちとよく遊び、しかも、いっしょにいたずらをしたり、けんかをしたりすることのできる子どもにすることが大切です。外面的な「すなおな子」「よい子」というのが必ずしもよいとは限らないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

新生児に見られる特徴

赤ちゃんに見られる特長には、以下のようなことがあります。 ・テレビで動いている画面を好んで見る。 ・犬や猫が歩いていたり、食べていたり、動いていたりするのを興味をもって見る。 ・鳥力ゴの中で飛び回る小 …