ファッション

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。栄養失調じゃないのか、とプレスに叩かれたエリザベス・ハーレーは、そうしたプレッシャーについて、一九九九年にエルイギリス版誌上で語っている。気休めになるなら話すけど、私がワードロープの三分の二を捨てて七キロ痩せたのは、パパラッチに撮られた写真を初めて見た後だった。

すべて、スター女優を表現するのに使われた言葉である。彼女の体重は、絶え間なく細身され続けてきた。私たちの目に入るのは、非常にスレンダーなスターが最高に素敵な服を着ている姿ばかり。細い=スタイリッシュという思い込みはいやが上にも強まっていく。ひとつのショーにはひとつの体型という構図が生まれ、セレブがデザイナーから服を借りたい場合はサンプル・サイズが着られることが条件になってくる。

複数のサイズでサンプルを作ることは金銭的に無理

複数のサイズでサンプルを作ることは金銭的に無理なので、デザイナーはひとつのサイズを選ぶことになる。たとえば、サイズ一というように。だから、そのデザイナーのショーにはサイズ二が着られるモデルばかりが登場する。ある意味、セレブは気の毒である。だって、私たち一般人の一〇倍も、太ってはいけないというプレッシャーを感じているだろうから。

人々は、まるで天気予報でもできるかのように(今日は彼女の鎖骨が見えたから、雨に違いない、とか)彼女の体重の変動をつぶさに追う。メディアは、彼女の細さを表現する新しいフレーズを編み出すことが楽しくて仕方ない。ミニー・ドライヴァーは、トロント・サンに、初の映画ークリス・オドネルと共演した一九九五年のサークル・オブ・フレンズーの役作りで九キロ体重を増やした時には、太ったことで自信を失ったと語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加