スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

投稿日:

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。栄養失調じゃないのか、とプレスに叩かれたエリザベス・ハーレーは、そうしたプレッシャーについて、一九九九年にエルイギリス版誌上で語っている。気休めになるなら話すけど、私がワードロープの三分の二を捨てて七キロ痩せたのは、パパラッチに撮られた写真を初めて見た後だった。

すべて、スター女優を表現するのに使われた言葉である。彼女の体重は、絶え間なく細身され続けてきた。私たちの目に入るのは、非常にスレンダーなスターが最高に素敵な服を着ている姿ばかり。細い=スタイリッシュという思い込みはいやが上にも強まっていく。ひとつのショーにはひとつの体型という構図が生まれ、セレブがデザイナーから服を借りたい場合はサンプル・サイズが着られることが条件になってくる。

複数のサイズでサンプルを作ることは金銭的に無理

複数のサイズでサンプルを作ることは金銭的に無理なので、デザイナーはひとつのサイズを選ぶことになる。たとえば、サイズ一というように。だから、そのデザイナーのショーにはサイズ二が着られるモデルばかりが登場する。ある意味、セレブは気の毒である。だって、私たち一般人の一〇倍も、太ってはいけないというプレッシャーを感じているだろうから。

人々は、まるで天気予報でもできるかのように(今日は彼女の鎖骨が見えたから、雨に違いない、とか)彼女の体重の変動をつぶさに追う。メディアは、彼女の細さを表現する新しいフレーズを編み出すことが楽しくて仕方ない。ミニー・ドライヴァーは、トロント・サンに、初の映画ークリス・オドネルと共演した一九九五年のサークル・オブ・フレンズーの役作りで九キロ体重を増やした時には、太ったことで自信を失ったと語っている。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

メーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうか

残念だが、あるメーカーや小売業者がスウェットショップを使っているかどうかは、値札をめくればわかるというものではない。わざわざ労働法違反企業に関する情報をオンラインや紙面などでチェックする消費者はそうい …

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …

no image

ナイキのスウェットショップ問題

ファッション業界の歴史には、悪名高いスウェットショップ話がいくつか暗雲のように垂れ込めている。一九一年、ニューヨーク・シティのトライアングル・シャツウエスト工場の火災で、労働者五〇〇人のうち一四六人が …

no image

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面 …

no image

卸売業者や請負業者、バイヤーなど

卸売業者や請負業者、バイヤーなど地元で働く人々がビルの外に出てタバコを吸ったり、ビジネスの話を(大声で)したり、街角の売り子からカバブを買ったり、競合相手の様子をうかがったりしている。マンハッタンのミ …