スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

優しい男に対する女性の評価

投稿日:

世の多くの男性は、女性に対しては「ひたすらやさしい男」を演じようとする傾向がある。たいして重そうでもない荷物を持ってやる。クルマのドアを開けてやる。しまいには、エスカレーターの乗り日で手を取ってろうとする。そんないたれりつくせりのやさしさを見せたうえで、こんな常奪句を吐く。

「泣きたかったら、ここで泣いていいよ」「つらいことがあるんなら、僕に話してみないかな。僕が、全部聞いてあげるから」そういうやさしさを向けられた女性たちは、どのように感じているのだろうか?じつは、それらに対する女性の評価はきわめて低い。「下心がミエミエ」と言う女性もいれば、「自分が優位に立とうとしている」と言う女性もいる。

マーロウの事件屋稼業は、強くなければつとまらない仕事だ。日々、危ない橋を渡って、暴力と銃弾の中をくぐり抜けている。そんな暴力に満ちた人生の中で、マーロウは、自分をいましめるために「やさしくなければ生きる資格はない」と言った。強すぎるだけではいけないのだと。

やさしい男という方向の選択は

作家のレイモンド・チャンドラーは、自分が作り出した最大のヒーローであるフィップ・マーロウに、「やさしくなければ生きる資格がない」というセリフを吐かせた。だが、この言葉だけをつまみ取ろうとすると、大きな誤解を生むことになる。

「やさしい男」という方向の選択は、女性の目には、「それしかできない」という自信のなさの表れに映る。この方向を選択している男性は、ちょっと胸に手を当てて考えてみてほしい。もしかしたら、それは、自分に対する自信のなさが源になっているのではないかと。

女性心理の奥には、大前提となる共通の評価があるように思われる。それは、「その手の男のやさしさほど簡単なものはない」ということだ。何の能力もない男にも、何の知識もない男にも、やさしい男、を演じることだけはできる。それは、そうだろう。一〇〇メートル走で二〇秒が切れないような男でも、新聞の一面を読んだことがないような男でも、「僕のそばで泣いていいよ」と言うことだけはできるのだから。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

付き合いが長くて兄弟のような関係に

子供を二人も産み、締め切りをこなし、3歳も過ぎてしまうと、人間、ちっとやそっとでは落ち込まなくなってしまう、とある人は語る。こんな私にも、かつては繊細で傷つきやすい魂の時期もあったのだわ、と懐かしく思 …

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

彼氏に捨てられてしまった自分を想像してみると

彼に退屈したら、彼に捨てられてしまった自分を想像してみましょう。そして、他の男性の誰にも振り向いてもらえない。そうすれば、退屈なんてしてられない。もし、明日、彼が消えてしまったら~と考えるだけで彼と会 …

no image

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません。この仕事将来性ないんでしょうか?、とある人は語る。夢をなくし、愛を見失っているこの世の中に、本当に大切なものは、人と人との愛なのだ、お金じゃ買えない真心なのだ …