スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

夜間走行の注意点

投稿日:

夜間走行で最も難しいのは、ワインディングロードを走ることだ。へッドライトはマシンの前方しか照らさないからコーナーの先がほとんどみえない。この場合は、対向車がなければへッドライトは上向きにすることはもちろんだが、前にクルマがいる時は前のクルマに追従して走るのが賢明。そうでない時は外側のライン(ガートレール)とセンターラインの中間地点を目安に、この範囲内で走る。つまり、ガードレールには近寄り過ぎないよう、なおかつ、センターラインも越えないように走ること。

夜間走行は、オートバイにとって得意なものとはいえない。最近は光量を増したとはいえ、ひとつのへッドライトで照らせる範囲は限られているし、路面の状況もつかみにくい。これに雨が加わると状況は悪化し、さらに冬場はもっと厳しいものとなる。しかし、しっかりとした基本と心構え、そして、装備があれば夜間走行だってなんなくこなせるものなのだ。

よく耐久レースでは、ライダーによって昼間より夜間のほうがラップタイムが速かったといったこともあるが、これは、夜間はコースがよくみえないため恐怖感がなく、かえって速く走れるといった理由からだが、公道ではちょっとまねできない。

ワインディングロードにさしかったら

ワインディングロードにさしかったら、なるべくマシンを垂直に保ち、エンジンブレーキをかるくきかせながら、フロントブレーキよりもリヤブレーキを優先して使いたい。また、ブレーキに水が入ってきかなくなる可能性があるので、なるべくブレーキを多く使って(作動はしなくても)ききぐあいを確かめながら走行することを心掛けたい。そうすれば、万一、使いたい時にブレーキがきかない、といったことも避けられる。

夜間走行に雨が加わるとさらに厳しい。強い雨だと視界が落ち、路面がみえにくくなるので直線の道でも走りづらい。また、レインウェアなどの準備もしっかりしていないと、精神的にも不安定な状態になるから、なおさらたいへんだ。気をつけよう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …