スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

今よりもちょっと悪い状況を考えてそれと現在を引き比べていく

投稿日:

今よりもちょっと悪い状況を考えて、それと現在を引き比べていくようにすると、今が有難く感じられ、喜びも出てくるようになるもの。子どもが何かやらかしても、「問題が起こせるということは子どもが元気に外に出ていって生きている証」と思えば、「なんでこの子はいつもいつも!」と怒りにかられて怒鳴りつけることもなくなっていきます。

「〇さんのように私だって遊びたい。なんで私ばかりが毎日毎日おじいちゃんの世話や家事や育児に追われなければならないの」「姑はうるさいことばかり言ってくるし、私がつらい思いをしているのに主人ときたら話すら聞いてくれない。全部私任せなんて不公平だわー」このように思っていると気持ちはますますそちらに引っ張られ、どんどん不幸せになっていきます。

この子がすべてに無気力になってしまい、部屋の中に閉じこもってしまったらどうなるだろう。そのようにちょっと悪い状況を考えれば、子どもへの眼差しも変わり、「多少のことはまあいいか」と思えるようになっていきます。

自分の名前でまじないの言葉をつくってしまう

自分の名前でまじないの言葉をつくってしまう方法があります。どの方にも親から心を込めて名づけられたよい名前があります。「その名前に魂を入れて、自分だけの呪文をつくって支えにしていかれるのもよいですよ」と、お会いしたお母さん方にはお伝えしています。私も「愛子」という名前の「あ」の一字をとって「焦らず、慌てず、あきらめず」をまじない言葉にしています。

心のゆとりを得るには、何と言ってもお母さん自身が自分で自分の気持ちを追い詰めていかないことが大切です。「いつもいつも!」「なんで私ばかりー」という気持ちに陥りそうになったら、どこかで「でも、もしこれがこうだったら」と想像するクセをつけてみてください。「それに比べたら」と考える習慣がつくことで気持ちの切り替えもできるようになっていくと思います。

気持ちが先走ってゆとりを失いそうになったときなど、「焦らず、慌てず、あきらめず」と呪文のように繰り返すと、「焦るのをやめて、ちょっと落ち着きましよう」と気持ちに余裕が出てくるようになります。ささやかなことですが、ゆとりをつくるひとつの工夫にしていただけるのではないでしょうか。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんと飛行機遊びなどで遊ぼう

赤ちゃんはあなたの手を借りて、からだ全体を動かすような遊びがとりわけ好きになります。同じ動きばかりが続く遊びより、むしろ次々と変化するような遊びをしてあげる方がよいでしょう。やさしい動きやゆっくりした …

no image

ある共働き夫婦の生活

嫁が姑と顔を合わせたくなければ、それも実現できるように、家を仕切ってあります、というある家庭。もちろん、食事は別です。食事をいっしょにしたのでは、嫁がかわいそうです。夫の好きな食べ物を、年寄りが好むと …

no image

あなたの赤ちゃんは見知らぬ人に対してどういう反応をしますか?

赤ちゃんは見知らぬ人に人見知りしますか?赤ちゃんはあなた以外の誰の胸に抱かれるのも嫌がりますし、見知らぬ人が顔を見たり声をかけても、機嫌が悪くなります。自分の父親でさえ、一日のうち会う時間が少ないと顔 …

no image

まじめで成績が良い子供の挫折

まじめで学業成績のよい子どもは、子どもらしい子どもから見ると近づきにくい存在ですから、友だちのできない子どもになってしまいます。その結果、中学や高校になると挫折してしまいます。挫折した状態になると、勉 …

no image

親の言うことに絶対「ハイ」と言わせる教育の悪い点

自由を与える以上、それに伴う責任の能力を養わなければならない。「親のいうことは何でもハイといってききなさい」といった言葉や「何でも先生にきいてからしなさい」といった言葉が、親たちの口からいわれているの …