スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ワンダリングなどのバイク用語など

投稿日:

・ワンダリング

大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで、高速道路でのレーンチェンジなどでよく発生するものである。

・ロードホールディング

マシン全体が路面をどうとらえるかを表現する場合に用いる言葉で、「しっとり感」とか「高級感がある」などという。また、サスペンションが路面をとらえる程度をいう場合もある。

・ヨーイング&ウォブル

直進時に車体がユラユラと揺れだすことをヨーイングという。コーナーリング中(主に高速コーナー)に車体が揺れだすのは、ウォブルという。

オートバイの用品

・体を保護し、目立つことが重要

オートバイの用品は、ライダーの体に直接身につけるギア(用品)と、フェアリングやマフラー類などのアクセサリーパーツとに分けられる。目的に合ったギアであること。ライディングを妨げず、機能的であること。安全性が高く、体を保護するもの。視認性がよいこと。ファッション性が高いこと。耐久性に優れていること。価格が適正であること。

安全性には、コストパフォーマンスという意味と、耐久性も含まれる。視認性は、ギアにとって前提条件になり得るほど重要なもので、特にレインウエアでは、最優先されるべき項目である。
へルメット、ブーツ、グローブ、レザースーツ、皮ジャンパー。ジーパン、レインウエアなど、今日ではカラフルなギアが数多く売られているが、これらを購入するときは、次の7項目を忘れずにチェックすることだ。

自分の存在を他のドライバーやライダーに知らしめることは、安全運転の第1条件である。しかし、いくら安全性が高くても、せっかくの愛車を台なしにするような、センスのないウェアは感心しない。オートバイにカッコよく乗ってこそ、真のライダーといえるのである。また、汗や雨で簡単に色落ちするのも困りものであり、購入時に店の人によく聞くことが大切である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …