スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ワンダリングなどのバイク用語など

投稿日:

・ワンダリング

大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで、高速道路でのレーンチェンジなどでよく発生するものである。

・ロードホールディング

マシン全体が路面をどうとらえるかを表現する場合に用いる言葉で、「しっとり感」とか「高級感がある」などという。また、サスペンションが路面をとらえる程度をいう場合もある。

・ヨーイング&ウォブル

直進時に車体がユラユラと揺れだすことをヨーイングという。コーナーリング中(主に高速コーナー)に車体が揺れだすのは、ウォブルという。

オートバイの用品

・体を保護し、目立つことが重要

オートバイの用品は、ライダーの体に直接身につけるギア(用品)と、フェアリングやマフラー類などのアクセサリーパーツとに分けられる。目的に合ったギアであること。ライディングを妨げず、機能的であること。安全性が高く、体を保護するもの。視認性がよいこと。ファッション性が高いこと。耐久性に優れていること。価格が適正であること。

安全性には、コストパフォーマンスという意味と、耐久性も含まれる。視認性は、ギアにとって前提条件になり得るほど重要なもので、特にレインウエアでは、最優先されるべき項目である。
へルメット、ブーツ、グローブ、レザースーツ、皮ジャンパー。ジーパン、レインウエアなど、今日ではカラフルなギアが数多く売られているが、これらを購入するときは、次の7項目を忘れずにチェックすることだ。

自分の存在を他のドライバーやライダーに知らしめることは、安全運転の第1条件である。しかし、いくら安全性が高くても、せっかくの愛車を台なしにするような、センスのないウェアは感心しない。オートバイにカッコよく乗ってこそ、真のライダーといえるのである。また、汗や雨で簡単に色落ちするのも困りものであり、購入時に店の人によく聞くことが大切である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れ …