スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

投稿日:

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らしていた家を出るというので、問い詰めたら他に好きな女ができたといいます。

先日、彼にふられてしまいました。彼は知り合ったころ学生で、その後、進学し、いまもまだ大学院生です。あと2年したら修了するので結婚するつもりでした。急に増えたひとりぼっちの時間をどうしたらよいか。いま、私は自分を被害者だと思い、かろうじて自分を慰めています。もうこの年ですので独身の友人さえいません。彼と結婚するつもりで今日まで来たのです。

あなたは彼に尽くしすぎたのではないでしょうか。彼に熱中するあまり、自分自身の交遊関係もおろそかにしてはいませんでしたか。あなたは被害者なんかじゃありません。女に世話になっておきながら、その落としまえもつけずにサッサと女を作って出ていく男なんかと結婚してなくてラッキーだったと思いませんか。

独身の女性なんていっぱいいます

独身の女性なんていっぱいいます。一緒に遊ぶ女友達なんて、その気になればすぐ見つかると思います。すべて彼中心に生きてきてしまったんですね。だから、ひとりでどうしていいかわからないのです。もうこの年ですので独身の友人はいませんという箇所が気になりました。あなたは、5年間、新しい友人を作ろうとする努力を怠ってはいませんでしたか。

あなたは、おそらく、彼と結婚できる日を夢見て、その目標を達成するためだけ過ごしていたのではないでしょうか。そういう日々がどれだけ女の充実感を味わわせるかは、わかります。気持ちいい部分というのは確かにあります。ところが男は女と違うらしいのです。

彼は、あなたのその態度がきっと重荷になったのでしょう。あなたが、ひとりで過ごす時間の使い方も知っていて、気軽に会える女の友人を何人も持っていれば、おそらく彼は出ていかなかったのではないでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

一見稚拙に見えながらも素朴派の絵は圧倒的な存在力

あなたが、普通の女性なら、素朴派の絵を目指すべきだと思います。一見稚拙に見えながらも、素朴派の絵は、圧倒的な存在力で、他の流派の絵をしりぞけてしまうから。ロココもバロックも、はじけとんでしまうくらいの …

no image

表現されなかった愛

形になるものばかりが愛ではない。生後間もなく生き別れになった我が子に対してずっと思いをかける時、その母に愛が存在するように。つまり、実際に行動として愛を示してはいなくても、愛は、存在するということであ …

no image

恋愛を成功させる殺し文句

殺し文句は、ミステリアスの味があってこそ効果がある。『キーラーゴ』という映画でハンフリー・ボガートが演じたタフガイは、ローレン・バコール演ずる雌約のような女の顔をじっと見つめて言う。「君の鼻溝は、すご …

no image

玉の輿に乗りたいと願う女達

玉の輿願望の女たちが許せません。大切なものを忘れているのではないでしょうか?、とある人は語る。独身時代は複数の男性と適度に距離を保ちながらつきあいを続け、彼らの人間性とは別次元の条件、つまり、勤務先、 …

no image

環境から人がなにを学ぶか

環境がどんなに劣悪でも、マトモな人間はマトモである。問題は、環境から人がなにを学ぶか、ということであろう。極道の親を見て、それを真似て極道になる息子もいれば、反面教師と見て、マジメな公務員の道を選ぶ息 …