スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

投稿日:

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らしていた家を出るというので、問い詰めたら他に好きな女ができたといいます。

先日、彼にふられてしまいました。彼は知り合ったころ学生で、その後、進学し、いまもまだ大学院生です。あと2年したら修了するので結婚するつもりでした。急に増えたひとりぼっちの時間をどうしたらよいか。いま、私は自分を被害者だと思い、かろうじて自分を慰めています。もうこの年ですので独身の友人さえいません。彼と結婚するつもりで今日まで来たのです。

あなたは彼に尽くしすぎたのではないでしょうか。彼に熱中するあまり、自分自身の交遊関係もおろそかにしてはいませんでしたか。あなたは被害者なんかじゃありません。女に世話になっておきながら、その落としまえもつけずにサッサと女を作って出ていく男なんかと結婚してなくてラッキーだったと思いませんか。

独身の女性なんていっぱいいます

独身の女性なんていっぱいいます。一緒に遊ぶ女友達なんて、その気になればすぐ見つかると思います。すべて彼中心に生きてきてしまったんですね。だから、ひとりでどうしていいかわからないのです。もうこの年ですので独身の友人はいませんという箇所が気になりました。あなたは、5年間、新しい友人を作ろうとする努力を怠ってはいませんでしたか。

あなたは、おそらく、彼と結婚できる日を夢見て、その目標を達成するためだけ過ごしていたのではないでしょうか。そういう日々がどれだけ女の充実感を味わわせるかは、わかります。気持ちいい部分というのは確かにあります。ところが男は女と違うらしいのです。

彼は、あなたのその態度がきっと重荷になったのでしょう。あなたが、ひとりで過ごす時間の使い方も知っていて、気軽に会える女の友人を何人も持っていれば、おそらく彼は出ていかなかったのではないでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

年の差カップルが本当はうらやましい

世の中に、絵に描いたような幸福が存在することが許せない。しかし、その次の瞬間、ウプなだけのキレイキレイなお嬢ちゃんである花嫁に、安心したりする。今のうちよ。キレイ、キレイ、かわいい、かわいいって妻を可 …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …

no image

初対面の人への質問の仕方

初対面の彼女を質問攻めにするなかれ初対面のとき、話題のない男は、たいがい四つの質問で間をもたせようとする。「年はいくつ?」「どこに住んでるの?」「仕事は何をしてるの?」「兄弟はいるの?」この四つの質問 …

no image

女性の外見のコンプレックスを癒す役を演じる

ひと昔前ならば、顔、スタイル、肌の美醜は、生まれつきのものと考えられていて、それらの美にめぐまれない女性は、一種のアキラメをもっていたものだ。ところが、「金をかければかけるほど効果も上がる」という美容 …

no image

5年つきあってふられた彼氏は私の部下

5年つきあってふられた彼は私の部下、とある人は語る。1年で忘れられる男であっても、当座はやはりイラつくと思います。それはしかたのないことです。スポーツするなり、趣味を見つけるなり、何か気をまぎらわせる …