スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

投稿日:

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らしていた家を出るというので、問い詰めたら他に好きな女ができたといいます。

先日、彼にふられてしまいました。彼は知り合ったころ学生で、その後、進学し、いまもまだ大学院生です。あと2年したら修了するので結婚するつもりでした。急に増えたひとりぼっちの時間をどうしたらよいか。いま、私は自分を被害者だと思い、かろうじて自分を慰めています。もうこの年ですので独身の友人さえいません。彼と結婚するつもりで今日まで来たのです。

あなたは彼に尽くしすぎたのではないでしょうか。彼に熱中するあまり、自分自身の交遊関係もおろそかにしてはいませんでしたか。あなたは被害者なんかじゃありません。女に世話になっておきながら、その落としまえもつけずにサッサと女を作って出ていく男なんかと結婚してなくてラッキーだったと思いませんか。

独身の女性なんていっぱいいます

独身の女性なんていっぱいいます。一緒に遊ぶ女友達なんて、その気になればすぐ見つかると思います。すべて彼中心に生きてきてしまったんですね。だから、ひとりでどうしていいかわからないのです。もうこの年ですので独身の友人はいませんという箇所が気になりました。あなたは、5年間、新しい友人を作ろうとする努力を怠ってはいませんでしたか。

あなたは、おそらく、彼と結婚できる日を夢見て、その目標を達成するためだけ過ごしていたのではないでしょうか。そういう日々がどれだけ女の充実感を味わわせるかは、わかります。気持ちいい部分というのは確かにあります。ところが男は女と違うらしいのです。

彼は、あなたのその態度がきっと重荷になったのでしょう。あなたが、ひとりで過ごす時間の使い方も知っていて、気軽に会える女の友人を何人も持っていれば、おそらく彼は出ていかなかったのではないでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …

no image

結婚したいのなら肉体関係を結んでもいいけどそのかわり結婚して

結婚したいのなら、肉体関係を結んでもいいけど、そのかわり結婚してよ、結婚してよ、結婚するのよと、彼に抱かれる前に、はっきりクギをさすことです。これは昔は、日本の普通の女子が当たり前につかってきた手です …

no image

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまり …

no image

付き合いが長くて兄弟のような関係に

子供を二人も産み、締め切りをこなし、3歳も過ぎてしまうと、人間、ちっとやそっとでは落ち込まなくなってしまう、とある人は語る。こんな私にも、かつては繊細で傷つきやすい魂の時期もあったのだわ、と懐かしく思 …

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …