スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

投稿日:

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良いふりをする若い男の子は、やさしい人なんかじゃない。性的な下心を抱いた中年男のサービスの良さも、もちろんやさしさからかけ離れている。

ワがママって言った方が勝ちなのよねと、我慢型の女性がしみじみ語った。ワガママ言ったって、聞いてくれる人間って、必ずいるんだから。そう、人口に含まれる何パーセントかの我慢人間が、ワがママ人間を支えている。町を歩いていても、ののしあったり殴りあったりしている集団は、そう見かけない。

浮気男に限って嫉妬深かったりするもの。嫉妬とは、自分が得られたであろう幸福を他人が享受してしまった時に起こる怒りの感情であるというようなことを、心理学の本で読んだことがあります。

男に嫌われる嫉妬というものは

つまり、恋人がワタシを誘わずに一人で映画を見てきた時、どうして、あたしも誘ってくれなかったのと腹が立つのは、誘ってくれればあたしも一緒に映画を楽しむという幸福にあずかれたのに、という嫉妬心に起因するかららしい。

男に嫌われる嫉妬というものは、それは、ぼくに対する愛情というより、おまえが傷つけられたことに対する怒りなんじゃない?と、男に思われてしまう嫉妬。自分の幸福やプライドに対して貧欲すぎる人間は、こういう失敗に陥りやすいものです。

嫉妬深い人間とは、自分の幸福に対して貧欲な人間といえる。ですから、女性にとって最大級怒りの嫉妬というのは、会いたいと思ってたのに仕事が忙しいから』という言葉を信じて我慢していたのに、他の女と浮気してたなんてというものです。ワタシが得られたはずの恋人との楽しい一夜を、他の女が得てしまったことに対する怒りの爆発となる。仕事のためだからと我慢していた分、エネルギーも大きくなるわけです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

化粧の濃いのが嫌いな彼氏

きちんとお化粧することを、彼は化粧が濃いと受け取るのですが、と語るある女性。私は自分ではそんなに濃いメイクをしているとは思っていません。でも、男の人の目は違うのでしょうか?女性のメイクってなんのためな …

no image

彼以外の男性からアプローチがあった

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。 広い世界に …

no image

結婚が決まった彼氏が転勤で離れ離れ

結婚が決まった彼は転勤で、離れ離れ。どうしたら元気が出るでしょうか?、とある人。彼とは結婚も決まっていて、何の不安もないはずなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でも情けなく思えてしまいます。大阪 …

no image

恋人はやさしい人

やさしくしてもらいたいから、恋をするのか。そして、条件として、よくあげられるのが、おもしろい人である。おもしろいことをいって、笑わせてもらったり、楽しませてもらったりしたいのだろう。ここに、受け身の女 …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …