スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

投稿日:

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良いふりをする若い男の子は、やさしい人なんかじゃない。性的な下心を抱いた中年男のサービスの良さも、もちろんやさしさからかけ離れている。

ワがママって言った方が勝ちなのよねと、我慢型の女性がしみじみ語った。ワガママ言ったって、聞いてくれる人間って、必ずいるんだから。そう、人口に含まれる何パーセントかの我慢人間が、ワがママ人間を支えている。町を歩いていても、ののしあったり殴りあったりしている集団は、そう見かけない。

浮気男に限って嫉妬深かったりするもの。嫉妬とは、自分が得られたであろう幸福を他人が享受してしまった時に起こる怒りの感情であるというようなことを、心理学の本で読んだことがあります。

男に嫌われる嫉妬というものは

つまり、恋人がワタシを誘わずに一人で映画を見てきた時、どうして、あたしも誘ってくれなかったのと腹が立つのは、誘ってくれればあたしも一緒に映画を楽しむという幸福にあずかれたのに、という嫉妬心に起因するかららしい。

男に嫌われる嫉妬というものは、それは、ぼくに対する愛情というより、おまえが傷つけられたことに対する怒りなんじゃない?と、男に思われてしまう嫉妬。自分の幸福やプライドに対して貧欲すぎる人間は、こういう失敗に陥りやすいものです。

嫉妬深い人間とは、自分の幸福に対して貧欲な人間といえる。ですから、女性にとって最大級怒りの嫉妬というのは、会いたいと思ってたのに仕事が忙しいから』という言葉を信じて我慢していたのに、他の女と浮気してたなんてというものです。ワタシが得られたはずの恋人との楽しい一夜を、他の女が得てしまったことに対する怒りの爆発となる。仕事のためだからと我慢していた分、エネルギーも大きくなるわけです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …

no image

自己開示をはかるタイミングをはずすと大失敗につながる

「自己開示」は、タイミングをはずすと大失敗につながる。ちょうどいい例があるので、紹介しておこう。あるとき、某広告代理店の女子社員のトイレで、こんな話が持ち上がった。「え、あなたもやられたの。ヤッダーッ …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

女性の本性はきわめて保守的

今や、日本の市場でもマーガリンがバターをはるかにしのいでいるのは、知ってのとおりだが、こんな話がある。かつて、マーガリンは、バターのニセモノのような見方をされていた。アメリカのマーガリン会社は、そのこ …

no image

女に対して自分の欠点をあまり隠さないほうがいい

女性は、装う生き物である。一人で家にいるときと外とでは、かなり違うことが多いようだ。実際に、女性が家にいるときには、服装にこだわらないという人は過半数だそうだ。そこからは、話し方や態度なども、ウチゾラ …