自動車

vw(フォルクスワーゲン)ザ・ ビートルの発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイナミックなデザインと性能で新たに誕生したフォルクスワーゲン「ザ·ビートル」が、販売に入った。新車の車体はさらに長くなって広がりれ下がった。全幅は前世代のニュービートルに比べて90mm広くなって1810mmに達する。高さ(1485mm)は15mm低くなり、長さ(4280mm)は、150mmより長くなった。ここで15個のLEDで構成されたデイタイムライトを含む円形のバイキセノンヘッドライトとフロントクロームを加えたブラック吸気、車体の色と区別されているブラックドアミラー、パノラマサンルーフを新たに追加した。

側面のデザインはクーペスタイルのループラインとフレームレス(Frameless)ドア、アルミで飾られたウィンドウと一緒に18インチツイスター(Twister)アロイホイールを適用してダイナミックな姿を演出した。パワートレインは、6段DSGトランスミッションと2.0 TDIエンジンの組み合わせで、最高出力140馬力、最大トルク32.6kg.mを発揮する。

車の情報を一目で確認できるように

停止状態から100km / hに到達する時間は9.5秒、安全最高速度は195km / hである。公認燃費はガソリンモデルの前の世代と比較したとき、20%改善された15.4km /ℓ(新燃費基準)であり、二酸化炭素の排出量は127g / kmである。室内は、ウィーンの革スポーツシートを標準装備した。多機能ディスプレイが統合された3つの円形のインストルメントパネル(タコメータ、速度計、燃料計)を配置されて車の情報を一目で確認できるようにした。

特にオイルの温度、クロノメーターの機能が含まれている時計、圧力計ブーストなどを確認できる補助計測器をダッシュボードに追加しました。クロム処理された中央センターフェイシアには、6.5インチのタッチスクリーンを含む「RNS 510インフォテインメントシステム」を搭載した。顧客のために開発されたこのシステムは、3Dリアルタイプのナビゲーションと30GBのハードディスクとSDカードスロット、CD&DVDプレーヤー、ブルートゥースなどを介して多様なマルチメディア環境を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加