スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

上手いブレーキングはジワッときかせること

投稿日:

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。ジワッときかせる、これこそがうまいブレーキングの典型といっていい。

前と後ろをうまく使うことにより、意外に短い距離で停止できるということがわかる。あらゆる条件が待ちかまえる公道で走るわけだが、つねに限界を超えることなく走り、これまで養ってきたブレーキングのカンを発揮して確実に止めることだ。

最初は前でも後ろでもいい、とにかく自分が得意なブレーキを使う。それができたらしだいにスピードを上げていく。すると後輪だけではとても止まらなくなる(ほとんどの人がそうだろう)。アスファルトなどの硬い路面よりダートのほうがいい。転倒してもダメージが少ないし、精神的に楽にブレーキがかけられる。そこで前後を同時に使ってみるのだ。このようにして練習すれば少々痛い目にあうかもしれないが、前後のブレーキ感覚がつかめるはず。

さほど沈み込ませることなく停止する

フロントフォークをさほど沈み込ませることなく停止するさまは、それを見ただけでライダーのテクニックのうまさがわかる。では、どうすればうまく停止できるのかというと、つれないようだが、実際に乗ってみて練習するしかない。しかし、ブレーキの構造を知ることにより、ある程度のかけ方はわかってくる。

ディスクブレーキは、ほとんどは油圧式。これはブレーキレバーでマスターシリンダーのピストンを押し、油圧を介してディスク側のピストンを動かして制動する。このタイプの特徴は、油圧を用いているためあそびがほとんどないこと。ディスクパッドがディスクを押し始めたら急激に制動がかかってくる。それだけ確実なブレーキということがいえるのだが、初心者にとっては甘さがない分だけシビアなブレーキといえる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

車両の左側の追い越しについて

渋滞で停止している四輪車の左側をすり抜ける場合は、急にドアを開けられることがあるので注意しよう。急に開けるほうが悪いとはいっても、痛い目にあうのは自分だからだ。駐車車輌の右側を通過する場合は、1m以上 …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …