バイク

上手いブレーキングはジワッときかせること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。ジワッときかせる、これこそがうまいブレーキングの典型といっていい。

前と後ろをうまく使うことにより、意外に短い距離で停止できるということがわかる。あらゆる条件が待ちかまえる公道で走るわけだが、つねに限界を超えることなく走り、これまで養ってきたブレーキングのカンを発揮して確実に止めることだ。

最初は前でも後ろでもいい、とにかく自分が得意なブレーキを使う。それができたらしだいにスピードを上げていく。すると後輪だけではとても止まらなくなる(ほとんどの人がそうだろう)。アスファルトなどの硬い路面よりダートのほうがいい。転倒してもダメージが少ないし、精神的に楽にブレーキがかけられる。そこで前後を同時に使ってみるのだ。このようにして練習すれば少々痛い目にあうかもしれないが、前後のブレーキ感覚がつかめるはず。

さほど沈み込ませることなく停止する

フロントフォークをさほど沈み込ませることなく停止するさまは、それを見ただけでライダーのテクニックのうまさがわかる。では、どうすればうまく停止できるのかというと、つれないようだが、実際に乗ってみて練習するしかない。しかし、ブレーキの構造を知ることにより、ある程度のかけ方はわかってくる。

ディスクブレーキは、ほとんどは油圧式。これはブレーキレバーでマスターシリンダーのピストンを押し、油圧を介してディスク側のピストンを動かして制動する。このタイプの特徴は、油圧を用いているためあそびがほとんどないこと。ディスクパッドがディスクを押し始めたら急激に制動がかかってくる。それだけ確実なブレーキということがいえるのだが、初心者にとっては甘さがない分だけシビアなブレーキといえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加