スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

上手いブレーキングはジワッときかせること

投稿日:

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。ジワッときかせる、これこそがうまいブレーキングの典型といっていい。

前と後ろをうまく使うことにより、意外に短い距離で停止できるということがわかる。あらゆる条件が待ちかまえる公道で走るわけだが、つねに限界を超えることなく走り、これまで養ってきたブレーキングのカンを発揮して確実に止めることだ。

最初は前でも後ろでもいい、とにかく自分が得意なブレーキを使う。それができたらしだいにスピードを上げていく。すると後輪だけではとても止まらなくなる(ほとんどの人がそうだろう)。アスファルトなどの硬い路面よりダートのほうがいい。転倒してもダメージが少ないし、精神的に楽にブレーキがかけられる。そこで前後を同時に使ってみるのだ。このようにして練習すれば少々痛い目にあうかもしれないが、前後のブレーキ感覚がつかめるはず。

さほど沈み込ませることなく停止する

フロントフォークをさほど沈み込ませることなく停止するさまは、それを見ただけでライダーのテクニックのうまさがわかる。では、どうすればうまく停止できるのかというと、つれないようだが、実際に乗ってみて練習するしかない。しかし、ブレーキの構造を知ることにより、ある程度のかけ方はわかってくる。

ディスクブレーキは、ほとんどは油圧式。これはブレーキレバーでマスターシリンダーのピストンを押し、油圧を介してディスク側のピストンを動かして制動する。このタイプの特徴は、油圧を用いているためあそびがほとんどないこと。ディスクパッドがディスクを押し始めたら急激に制動がかかってくる。それだけ確実なブレーキということがいえるのだが、初心者にとっては甘さがない分だけシビアなブレーキといえる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …