スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

上手いブレーキングはジワッときかせること

投稿日:

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。ジワッときかせる、これこそがうまいブレーキングの典型といっていい。

前と後ろをうまく使うことにより、意外に短い距離で停止できるということがわかる。あらゆる条件が待ちかまえる公道で走るわけだが、つねに限界を超えることなく走り、これまで養ってきたブレーキングのカンを発揮して確実に止めることだ。

最初は前でも後ろでもいい、とにかく自分が得意なブレーキを使う。それができたらしだいにスピードを上げていく。すると後輪だけではとても止まらなくなる(ほとんどの人がそうだろう)。アスファルトなどの硬い路面よりダートのほうがいい。転倒してもダメージが少ないし、精神的に楽にブレーキがかけられる。そこで前後を同時に使ってみるのだ。このようにして練習すれば少々痛い目にあうかもしれないが、前後のブレーキ感覚がつかめるはず。

さほど沈み込ませることなく停止する

フロントフォークをさほど沈み込ませることなく停止するさまは、それを見ただけでライダーのテクニックのうまさがわかる。では、どうすればうまく停止できるのかというと、つれないようだが、実際に乗ってみて練習するしかない。しかし、ブレーキの構造を知ることにより、ある程度のかけ方はわかってくる。

ディスクブレーキは、ほとんどは油圧式。これはブレーキレバーでマスターシリンダーのピストンを押し、油圧を介してディスク側のピストンを動かして制動する。このタイプの特徴は、油圧を用いているためあそびがほとんどないこと。ディスクパッドがディスクを押し始めたら急激に制動がかかってくる。それだけ確実なブレーキということがいえるのだが、初心者にとっては甘さがない分だけシビアなブレーキといえる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

夜間走行の注意点

夜間走行で最も難しいのは、ワインディングロードを走ることだ。へッドライトはマシンの前方しか照らさないからコーナーの先がほとんどみえない。この場合は、対向車がなければへッドライトは上向きにすることはもち …