スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

上手いブレーキングはジワッときかせること

投稿日:

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。ジワッときかせる、これこそがうまいブレーキングの典型といっていい。

前と後ろをうまく使うことにより、意外に短い距離で停止できるということがわかる。あらゆる条件が待ちかまえる公道で走るわけだが、つねに限界を超えることなく走り、これまで養ってきたブレーキングのカンを発揮して確実に止めることだ。

最初は前でも後ろでもいい、とにかく自分が得意なブレーキを使う。それができたらしだいにスピードを上げていく。すると後輪だけではとても止まらなくなる(ほとんどの人がそうだろう)。アスファルトなどの硬い路面よりダートのほうがいい。転倒してもダメージが少ないし、精神的に楽にブレーキがかけられる。そこで前後を同時に使ってみるのだ。このようにして練習すれば少々痛い目にあうかもしれないが、前後のブレーキ感覚がつかめるはず。

さほど沈み込ませることなく停止する

フロントフォークをさほど沈み込ませることなく停止するさまは、それを見ただけでライダーのテクニックのうまさがわかる。では、どうすればうまく停止できるのかというと、つれないようだが、実際に乗ってみて練習するしかない。しかし、ブレーキの構造を知ることにより、ある程度のかけ方はわかってくる。

ディスクブレーキは、ほとんどは油圧式。これはブレーキレバーでマスターシリンダーのピストンを押し、油圧を介してディスク側のピストンを動かして制動する。このタイプの特徴は、油圧を用いているためあそびがほとんどないこと。ディスクパッドがディスクを押し始めたら急激に制動がかかってくる。それだけ確実なブレーキということがいえるのだが、初心者にとっては甘さがない分だけシビアなブレーキといえる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …