ファッション

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため、密入国の手引きをしてくれた人間に多額の借金があり、賃金から少しずつ返済していかねばならなかった。また、多くの労働者は英語が話せず、アメリカ労働法の知識もなかった。ニューヨークのアパレル製造業界の評判は、労働者の扱いに関しては芳しいものではなかった。しかし、多くの工場がチャイナタウンに移ったことで、労働法違反行為がいよいよ横行するようになる。

一九八七年、都市計画委員会は、アパレル製造業をガーメント・センターにとどめてガーメント・センター特区を作ることを意図した区画利用条例を通過させた。この規則により、ビルの所有者たちは、ガーメント・センター内の横丁スペースの五〇%を製造業のためにとっておかなければならないことになった。隆盛を極めたニューヨークのアパレル業界も、一九六〇年代には国際競争によってその支配力が脅かされ始める。

二〇〇〇年九月、四三丁目と五番街の交差点にあるビルの外で、活動家たちがピケを張った。このビルを所有するチェイス・マンハッタン銀行が、三階で高級婦人服デザイナーのエリー・タハリがスウェットショップを操業していると非難し、安全規則や建物規制に違反していると言って立ち退きを迫っていたからである。

スペースがなければ無理やり作った

ビルの所有者たちは、スペースがなければ無理やり作った。性根の曲がった大家たちは、スウェットショップ呼ばわりされて悪評をたてられたらたまらないとデザイナーたちが思っているのを知っていて、これを悪用した。一九九〇年代半ばにドットコム・ブームが起こり、潤沢な資金を持つ企業群がオフィス空間を求めてこのエリアに押し寄せると、大家たちはゾーニング条例を無視し始める。

というのも、資金の豊富なテクノロジー系企業は、アパレル製造企業の倍の家賃でも喜んで支払ったからである。だが、タハリの操業状態はどう見てもスウェットショップからは程遠いものであり、タハリ自身も、自分が立ち退きを迫られているのは、大家が今より六〇%以上も高い家賃を請求できるからだと主張した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加