スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

長期休暇が取れない労働者たち

投稿日:

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほど、より大きな成功につながるという考え方が染み付いているらしい。

奇妙なことに、ワーカホリックなアメリカ人は、スウェットショップ労働者の窮状を大したことといになっている。彼らは週に六日、合計で七〇時間以上あくせく働いても超過勤務手当すら出ないことがい。でも、アメリカでミシンならぬコンピータの奴隷と化している大勢のホワイト・カラーだ本書の執筆に週七〇時間以上費やすことがあった。もちろん、超過勤務手当などあるわけもない。

裸一貫から身を立て財を成した株式ブローカーや企業家などの出世話は枚挙にいとまがない。アメリカ人は無類のワーカホリックなのだ。友人たちを比べてみても、ヨーロッパの人は、少なくともアメリカ人の四倍は頻繁に長期休暇を取っている。世界観光機関によれば、アメリカ人労働者の長期休暇日数は世界で最も少なく、年間たった一三日だ。

生産的であることが美徳とされる社会では

ドイツ人の場合はアメリカ人より約五〇〇時間、つまり一二・五週間分少なく、勤労で鳴らした日本人でさえアメリカ人より多く休暇を取っている。そんなわけで、精力的に働く私たちアメリカ人は、やはりハードワークに従事する他人のことをなかなか気の毒に思えなくなっている。苦痛はハードワークのしるしである。そして、生産的であることが美徳とされる社会では、パワーでもある。

イタリアは四二日、ブラジルは三四日、日本が二五日である。国際労働機関(ILO)の報告では、一九九〇年に一九四二時間だったアメリカ人の平均労働時間は、一〇〇〇年には一九七八時間に増えている。同じくILOによれば、ブラジルやイギリスの従業員の平均労働時間は、アメリカ人に比べて年間二五〇時間、言い換えれば五週間分以上も少なかったという。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

GCASC会員の中には

ロドリゲスは、DOLの対応例をひとつ挙げた。工場の通路は法律で約九一センチと義務付けられている。これがもし一センチでも足りなかったら、工場主は罰金を科せられ、その工場は一応スウェットショップということ …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …

no image

自分を通してファッションを見ている節があるデザイナーたち

僕にもよくわかるよ。デザイナーというのは、少しばかり自分を通してファッションを見ている節があるからね。ダナ・キャランはとても賢いと思う。そういうのは、各デザイナーの問題なんだ。背が高い人にはグッチかア …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …