スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

投稿日:

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の姿から思いを読み取ってあげる力が求められます。対話力で言う「聴く力」とは、単に子どもの言うことを聞いて理解するということではありません。

三歳か四歳ぐらいまではベタベタと甘えさせてあげるだけでも子どもの心は満ち足りますが、それ以降は体の触れあいより、言葉による触れあいの場面のほうが増えていきます。子どもが大きくなるにつれて対話によって、言葉で甘えさせてあげることのほうがより大事になっていきます。それでなくとも子どもは大人ほどには言葉を知りません。また、大人のように言葉に対する耐性も強くありません。

言葉の裏に隠された気持ちを汲み取ってあげることまで含む。例えば子どもが「バカ!」と言ったとき、そのひと言の中にどのような思いが隠されているかを聞き分けて汲み取ってあげる力が「聴く力」です。「バカ!」のひと言の中には「お母さんのことが好きなんだ!」や「自分のことをもっと好きになってよー」や「わかってもらえなくて悔しいんだ」など、子どものいろいろな思いが詰まっています。

子どもの言葉の中には

「お母さんはボクの気持ちなんてまったく聴いてくれない」「ワタシがどう思っているかなんて関係ないんだ」と不信を募らせていくことになってしまいます。子どもの言葉の中には聞こえない声がいっぱい詰まっています。いろいろな意味が込められています。

知っている言葉が「バカ」しかないから、そうした思いのすべてを「バカ」でしか言い表せないのです。そこで親が聞こえた言葉だけに反応して、「親に向かってバカなんて言っちゃダメでしょー」とやってしまえば、子どもの中には「わかってもらえない」という悔しい気持ち、悲しい気持ちしか残りません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

子供に体験合宿をさせる

われわれの合宿は、小学生を対象としていましたが、合宿に持ってくる物については、できるだけお母さんが手を貸さないようにしてもらっていました、というある人。中には、あれもこれもとたくさん持ってくる子どもも …

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …