スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

投稿日:

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の姿から思いを読み取ってあげる力が求められます。対話力で言う「聴く力」とは、単に子どもの言うことを聞いて理解するということではありません。

三歳か四歳ぐらいまではベタベタと甘えさせてあげるだけでも子どもの心は満ち足りますが、それ以降は体の触れあいより、言葉による触れあいの場面のほうが増えていきます。子どもが大きくなるにつれて対話によって、言葉で甘えさせてあげることのほうがより大事になっていきます。それでなくとも子どもは大人ほどには言葉を知りません。また、大人のように言葉に対する耐性も強くありません。

言葉の裏に隠された気持ちを汲み取ってあげることまで含む。例えば子どもが「バカ!」と言ったとき、そのひと言の中にどのような思いが隠されているかを聞き分けて汲み取ってあげる力が「聴く力」です。「バカ!」のひと言の中には「お母さんのことが好きなんだ!」や「自分のことをもっと好きになってよー」や「わかってもらえなくて悔しいんだ」など、子どものいろいろな思いが詰まっています。

子どもの言葉の中には

「お母さんはボクの気持ちなんてまったく聴いてくれない」「ワタシがどう思っているかなんて関係ないんだ」と不信を募らせていくことになってしまいます。子どもの言葉の中には聞こえない声がいっぱい詰まっています。いろいろな意味が込められています。

知っている言葉が「バカ」しかないから、そうした思いのすべてを「バカ」でしか言い表せないのです。そこで親が聞こえた言葉だけに反応して、「親に向かってバカなんて言っちゃダメでしょー」とやってしまえば、子どもの中には「わかってもらえない」という悔しい気持ち、悲しい気持ちしか残りません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

子育てでのしつけは叱ることが全てではない

「ちゃんとした子にするには厳しく言って聞かせなくちゃ」「きちんと叱らないと悪いことも悪いとわからない子になってしまう」そのように考えていらっしゃる方が多いのでしょう。子育ての中では叱って教えることが必 …

no image

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはないが

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはありません。ただ、飢えた時や腹を立てた時だけは、まだ反射的な動作が見られます。そうはいっても、自分の意志による初歩的な動作は、大人の動きとは違って、まだ …

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

完全を求めることは不可能

子どもに不自由をさせたくないーなどの考え方があれば、よい教育はできません。もう一度、日常生活の中にむだがないかを点検してみましょう。そして、むだをしていたことがあれば、それを一つずつ取り除いていきまし …