スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

投稿日:

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の姿から思いを読み取ってあげる力が求められます。対話力で言う「聴く力」とは、単に子どもの言うことを聞いて理解するということではありません。

三歳か四歳ぐらいまではベタベタと甘えさせてあげるだけでも子どもの心は満ち足りますが、それ以降は体の触れあいより、言葉による触れあいの場面のほうが増えていきます。子どもが大きくなるにつれて対話によって、言葉で甘えさせてあげることのほうがより大事になっていきます。それでなくとも子どもは大人ほどには言葉を知りません。また、大人のように言葉に対する耐性も強くありません。

言葉の裏に隠された気持ちを汲み取ってあげることまで含む。例えば子どもが「バカ!」と言ったとき、そのひと言の中にどのような思いが隠されているかを聞き分けて汲み取ってあげる力が「聴く力」です。「バカ!」のひと言の中には「お母さんのことが好きなんだ!」や「自分のことをもっと好きになってよー」や「わかってもらえなくて悔しいんだ」など、子どものいろいろな思いが詰まっています。

子どもの言葉の中には

「お母さんはボクの気持ちなんてまったく聴いてくれない」「ワタシがどう思っているかなんて関係ないんだ」と不信を募らせていくことになってしまいます。子どもの言葉の中には聞こえない声がいっぱい詰まっています。いろいろな意味が込められています。

知っている言葉が「バカ」しかないから、そうした思いのすべてを「バカ」でしか言い表せないのです。そこで親が聞こえた言葉だけに反応して、「親に向かってバカなんて言っちゃダメでしょー」とやってしまえば、子どもの中には「わかってもらえない」という悔しい気持ち、悲しい気持ちしか残りません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

反抗期の現象とわがまま

もし、物を相手に渡したりして譲るような子どもがいれば、それは自発性の発達がおくれているか、譲る子は「よい子」と教えられて、親たちからほめられたいばかりにそれをしているに過ぎない。「よい子」のままで大き …

no image

子供の適応能力を育てる

木のぼりを始めたり、ジャングルジムの上に登って両手を離したりしたら、どのような親の態度が必要でしょうか。お母さんやお父さんは、すぐに「危ないからよしなさい」と大きな声を立てるのではないでしょうか。そう …

no image

子供の自立心を育てること

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子ども …

no image

赤ちゃんは目新しいものが大好き

赤ちゃんは目新しいものが大好きです。赤ちゃんが身に付けた新しい能力や好奇心を見せたものに、あなたが反応を示してやることがとても大切です。このような発見の喜びをあなたと分かち合うことで、赤ちゃんはそれが …

no image

ギャングエイジの体験の子供には必要

二人あるいはそれ以上の子どもたちが仲よくなり、秘密を作って守り合う状態が生じます。その秘密の内容は、いたずらであったり冒険であったりしますが、それを親や先生に内緒にすることを誓い合う。もちろん、それは …