スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

詰め込み式の勉強社会で見放された子供たち

投稿日:

詰め込み式の教育、超スピードで進んでいく現在の教育の中では、落ちこぼれができるのも当然のことです。子どもによっては、ゆっくりと教育を受けさえすれば力を発揮できる子どもがいるのです。そのような子どもは、今の教育の中では頭が悪い子のようにみなされてしまいます。

学業成績は、すぐに頭のよさを示しません。これは極端な例かも知れませんが、エジソンなどは、小学校の先生から頭の悪い子だとして見放され、それに反発したお母さんの教育によって、天才的な仕事をすることができたというエピソードの持ち主ですが、現在、学校の先生に見放された子どもの中にも、そのような子どもがいるかも知れないのです。

知的能力を持っていながら、それが知能テストにも学業成績にも現われないという状態があります。その一つは、情緒が不安定の場合であり、もう一つは、自発性の発達、とくに意欲に乏しい子どもの場合です。さらに、社会性が伸びているかどうかも関係してきます。

いきいきとした生活が実現できない

情緒の不安定は、その子どもの生活全般をおおっていて、いきいきとした生活が実現できないような状態になっていますし、そのために学習意欲が乏しく、お母さんやお父さんを困らせるような突飛な行動にでることがあります。

情緒が不安定ですと、どうしても注意を集中して勉強することができなくなってしまいます。子どもの年齢が高い場合には、そのことが意識されることもありますが、多くの子どもにとっては、漢然としています。

お母さんやお父さんを怒らせるような行動が子どもに見られたならば、何か情緒の不安定があるのではないかと考えて、その原因を明らかにする努力をしなければなりません。情緒の安定や不安定は、家族関係の中で起きてきます。とくに、両親との関係が大切です。両親の中でも、お母さんとの関係が、子どもにとっては大きな意味を持っています。そこで、お母さんは、子どもとの間に円滑な気持の交流ができているかどうかについて、考えてみてほしいのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …

no image

子供が買い物で食べ物などをねだる行為

赤ん坊でも、八、九ヵ月になれば、お腹がすいて泣いていても、「もうすぐできるから、待っていてね」といいますと、その言葉の意味はわからなくても、その声の調子で、ちょっとの間は待つことができるようになります …

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …

no image

赤ちゃんはママの手が大好き

一般に、赤ちゃんはママの手が大好きで、触ったり撫でたりして、しっかり観察しようとします。あなたの赤ちゃんもあなたの手で遊ぶのが好きならば、手の平や手の甲が見えるようにゆっくり回してあげましょう。そして …