スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

投稿日:

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわかってくるが、初めての人は何かと悩むものだ。

日本ではツーリングバッグをバイクにとりつけるのをいやがる人が多いので、街中でみるバイクのほとんどは、キャリアさえ付けていないものが多い。サイドバッグやテールバッグともなればなおさらで、ツングにでかける人でさえ、つけない人がほとんどだ。これはバイクの基本的美しさが失われだろうが、ツーリングで荷物をとりはそんなことをいっているようではある程度、美しさを犠牲にしてでも、装備はきちんと積んで行きたいもの。

初めのうちのツーリングは無難に日帰りの日程がべストだ。1泊や2泊の日程だと精神的、肉体的にも負担が大きく、慣れないとアクシデントを生む可能性も高くなる。コースは高速道路やワインディングロードを減らして、なめらかでよく整備されている道路を選びたい。

日帰りツーリングに慣れれば

日帰りツーリングに慣れれば峠道を入れたり、高速道路をコースに入れた変化にとんだツーリングへと発展していける。2泊、3泊のツーリングは無理のないスケジュールと変化を加えたコースで楽しみたい。

行く時は1人よりもべテランライダーを含めた2〜3人の少人数がべターで、ソロだとアクシデントに合った際に対応が難しいし、人数が5人、10人ともなると体制づくりに気をとられるのでつらい。こうしたツーリングに慣れながら、徐々に行動半径を広げていくことが、ツーリングの楽しさを深めていくものといえよう。

ツーリングの目的をどこにおくかも大切なこと。飛ばし屋さんはワインディングロードをふんだんにとり入れたコース、また観光地や名所旧填をみて歩くコース、海水浴やハイキングを兼ねたコースなど、自分の楽しみ方をしてみるのが最高のツーリングだろう。ただし、ワインディングロードばかりではあきてしまうので、海岸の道を入れたりして変化をつけることも忘れずに。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …