スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

投稿日:

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわかってくるが、初めての人は何かと悩むものだ。

日本ではツーリングバッグをバイクにとりつけるのをいやがる人が多いので、街中でみるバイクのほとんどは、キャリアさえ付けていないものが多い。サイドバッグやテールバッグともなればなおさらで、ツングにでかける人でさえ、つけない人がほとんどだ。これはバイクの基本的美しさが失われだろうが、ツーリングで荷物をとりはそんなことをいっているようではある程度、美しさを犠牲にしてでも、装備はきちんと積んで行きたいもの。

初めのうちのツーリングは無難に日帰りの日程がべストだ。1泊や2泊の日程だと精神的、肉体的にも負担が大きく、慣れないとアクシデントを生む可能性も高くなる。コースは高速道路やワインディングロードを減らして、なめらかでよく整備されている道路を選びたい。

日帰りツーリングに慣れれば

日帰りツーリングに慣れれば峠道を入れたり、高速道路をコースに入れた変化にとんだツーリングへと発展していける。2泊、3泊のツーリングは無理のないスケジュールと変化を加えたコースで楽しみたい。

行く時は1人よりもべテランライダーを含めた2〜3人の少人数がべターで、ソロだとアクシデントに合った際に対応が難しいし、人数が5人、10人ともなると体制づくりに気をとられるのでつらい。こうしたツーリングに慣れながら、徐々に行動半径を広げていくことが、ツーリングの楽しさを深めていくものといえよう。

ツーリングの目的をどこにおくかも大切なこと。飛ばし屋さんはワインディングロードをふんだんにとり入れたコース、また観光地や名所旧填をみて歩くコース、海水浴やハイキングを兼ねたコースなど、自分の楽しみ方をしてみるのが最高のツーリングだろう。ただし、ワインディングロードばかりではあきてしまうので、海岸の道を入れたりして変化をつけることも忘れずに。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのツナギの手入れ

レーシングギヤの代表はなんといってもツナギだ。MFJ(日本モーターサイクル協会)の規定によると、ライダーのウェアは皮革、製でなければいけないとされている。何故レザー製品がよいのかは科学的に解明されてな …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …