スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

お年寄りと同居で得ることができる利点と難点

投稿日:

お年寄りとの同居はまた楽しく、年寄りもまた若いカップルとの同居を楽しみ、老後が明るくなるものです。お年寄りが家族の中にいると、そのお年寄りを中心に、子どもたちや孫たちが集ってきて、楽しいひと時がくりひろげられます。決して、嫁の悪口をいうようなことはしませんし、長所を見つけてそれをほめますから、嫁も「気がね」なくつき合い、その結果、本当の娘と似たような情緒的な関係が作り出されます。

夫に先立たれたお年寄りも、夫に愛された生活を送り、自分なりの老後生活を持っているときには、決して若い夫婦の生活に割り込むようなことはしませんし、頼ろうともしない。そのような生活をきちっと分離する意識を持ちながらも、若い夫婦を援助して、二人に喜ばれるようなことがあればしてあげたいという思いやりのあるお年寄りは、子どもたちからも、孫からも慕われているもの。

また、孫を預かるようなことがあれば、育児の面で母親を援助することが役割となりますから、母親の育児の方針を尊重するでしょう。ですから、嫁もまた、始を信頼し、始からの注意があればすなおにききますし、むしろ、積極的に注意をしてもらいたいという気持になるでしょう。

姑と嫁との間のトラブル

ところが、姑と嫁との間のトラブルは、今日もなお、そこここでおきています。その原因をたどってみますと、姑が、自分の夫との間で楽しい生活を送ってきていないところに源泉があることがわかります。そのような姑は、息子に期待をかけ、その子にサービスをよくします。

中には、二人の寝室に入ってくるような姑もあるほどです。さもないと、過去にくり返されたような嫁の悲劇が起きてしまいます。このような場合には、何をさておいても、別居すべきです。その息子が嫁と仲よくしているのを見ると、「嫁に取られた」という気持にもなるでしょうし、嫁のちょっとした欠点を見つけては責めるような始になってしまいます。それは過保護となり、依存的な息子になったり、また逆に抑圧を加えて親の思いどおりに従うすなおな息子になったりしています。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

礼儀正しい人の育てられた人の根っこは弱い

メロメロになるほど甘えさせてもらった子、甘えきった子は、生きる土台となる根っこの部分ががっしりと強固です。自分に自信があり、安心していますから、人の日を気にしないで自分を堂々と出すことができます。百パ …

no image

もっと親の主張が伝わっていくためには

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげること …

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …