スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

これ以前の取引はない取引履歴を廃棄したと主張された場合

投稿日:2015年7月24日 更新日:

・これ以前の取引はない、取引履歴を廃棄したと主張された場合

このような場合、どうしたらよいのでしようか。原告の主張する取引開始時にはそもそも取引がなかったから文書は存在しないと主張されました。また、文書提出命令を申立てたところ、貸金業者からそれらの文書はすでに廃棄したと主張されました。

「回答」

文書提出命令申立ての段階では、貸金業者が文書を所持している(はずの)根拠を明らかにすれば足ります。貸金業者が文書を所持している根拠としては、貸金業規制法19条・法人税法150条の2(帳簿の備付け)、商法19条2項・3項・会社法432条(商業帳簿、契約書、受取証書に関する保存義務(旧商法36条)が挙げられます。

貸金業者が過去において提出命令の対象文書を所持(作成)していたことを明らかにすれば、当該文書を現在所持していないこと(廃棄したこと)については貸金業者自身が立証すべきことになります。これを立証できない限り、文書提出命令の決定が出ることになります。

伝票等で主張・立証すればよい

貸金業者が、その期間の文書は廃棄したと主張している時期に、借入れ・返済が一度でもあったことを、伝票等で主張・立証すればよいでしょう。貸金業者は商人であり、かつ貸金業の登録業者なので、これらの帳簿を過去に作成していないと主張することは絶対にあり得ず、したがって、借入れが当時あったことを証明すれば、それらの帳簿を所持していたことは当然に認められます。

取引終了後の廃棄であったとしても、他の法律上の保存義務の期間と民事訴訟法上の文書の提出義務とは関係がなく、他の法律上の保存期間が満了したからといって、民事訴訟上の文書の提出義務がないとはいえません。そこで、貸金業者が文書を所持していない(廃棄した)と主張する場合、文書を廃棄した事実を貸金業者が具体的に立証する必要があることを指摘します。

貸金業者は、文書の保存義務の期間切れを理由に、あるいは単にデータ保管の都合を理由に、10年以前の取引履歴は保存していないなどとして、文書提出命令申立ての対象となる文書を所持していないと主張します。しかし、取引が継続している限り文書を廃棄することは違法です。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

次世代システムの開発で各グループが死闘を展開

最近は、処理する情報量が飛躍的に増大し、処理のスピードも高速化が求められている。古いシステムにしがみついていれば、売上処理が遅れたり、会員への請求業務が滞ったりして重大なクレームとなって返ってくる恐れ …

no image

貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えている

近年の傾向として、裁判例で、当初残高もしくは貸付金額の証明責任が貸金業者側にあると判断した事案が増えています。残高無視計算による場合、真実の過払金額より多額の請求が認められる余地が出てきますが、正確な …

no image

過払い金還請請求権の消滅時効

・過払い金還請請求権の消滅時効 一度完済した取引について計算したところ、過払金が発生していたのですが、その過払金は時効で消滅してしまうのでしょうか。他の業者については、I0年以上前にいったん完済したの …

no image

クレジット&ローン業界の近年の飛躍と大きな伸び

これまでクレジットカードというと、デパート、スーパー、またはレストラン、居酒屋などの飲食店での利用が中心だったが、最近は高速道路の料金から、タクシー料金、病院の診察料(人間ドックが中心)、催事場、携帯 …

no image

販売信用の規模は消費者信用産業全体の約50%を占めている

現在、販売信用はカードショッピングが7割近くを占め、個品割賦は3割程度となっており、さらにカードショッピングが増加傾向にある。ショッピングクレジット(個品割賦)は11兆6669億円でこちらは24%の減 …