スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ある共働き夫婦の生活

投稿日:

嫁が姑と顔を合わせたくなければ、それも実現できるように、家を仕切ってあります、というある家庭。もちろん、食事は別です。食事をいっしょにしたのでは、嫁がかわいそうです。夫の好きな食べ物を、年寄りが好むとは限りませんし、その方が多いものです。

お年寄りの「甘やかし」と子どもの「甘え」核家族が多くなったとはいえ、お年寄りが子どもの人格形成にいろいろと問題を投げかけている例は、今日もなお跡を絶ちません。新しい大家族の夢を実現する意味で、長男一家と同じ屋根の下で同居していますが、生活は全く分離しています。つまり、お互いの生活に対して干渉し合わないという原則を立てています。

共働きの夫婦なので、おばあちゃんが子どもの面倒をみる時間がかなり多いのですが、お母さんがてやすいように援助する範囲にとどめ、お母さんよりおばあちゃんの方がよいーといった気持を子どもに起こさせないようにしています。おばあさんとおじいさんとがお菓子を食べているところへ現われた子どもが、お菓子を食べたいとねだっても、必ず「ママに聞いてから」といい、お母さんが「今はいけない」といえば、それを忠実に守り、いくら泣いても絶対に与えることはしません。

年寄りに合わせようとすれば

年寄りに合わせようとすれば、二種類の献立を作らなければならないでしょう。子どものことも、お母さんが主な養育者となるように、われわれ年寄りは配慮しています。母子関係がきちっと成立していませんと、あとになって大きな問題が起きるからです。

お母さんも、自分のいったことを年寄りが守ってくれるということで、年寄りに好意を寄せますし、信頼感を持つようになります。それが、子どもの人格に対してよい影響を与えますし、大家族の中で暖かい雰囲気が作られ、それも子どもの情緒を安定させるのに役立っています。

もし、お母さんにきかないでお菓子を与えるようなことがあれば、食事を熱心に食べなくなってしまうでしょうし、内緒で与えるようなことがあれば、お母さんのいいつけをきかない子どもになり、母子関係にひびができることが少なくないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが手に負えないとき

赤ちゃんが泣いて手に負えない時期には、多くの母親は肉体疲労、頭痛、吐き気、背中の痛み、および心気症などに苦しめられます。障害の理由は、そんな赤ちゃんの世話を休みなく続けなければならないことにある。かか …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

ガミガミと叱る母親と反発する子供

もし子供がおもしろいもの、楽しいと思ったものを発見して、「ねえママ!おもしろいものがあるよー」と声をかけたのに、「何よーうるさいわねー」「そんなことより早く歩きなさい!」とお母さんに怒られれば子どもは …

no image

自分はどういう親から生まれてきたのかを整理する作業

数えることすらできないほどの数の祖先たちの論が紡がれ、あなたは存在している。あなた自身もその命のリレーの紡ぎ手なのです。それだけでもあなたがこの世に存在する大きな大きな意義があります。親がいたからこそ …

no image

子供に愛情が伝わらない

大きな愛情があるのに、それをしっかり子どもに伝えてあげられないのは何が原因なのでしょうか。やはり、最近のお母さんたちのゆとりのなさに一因があると考えます。社会の価値観が変わり、より成果主義、結果主義に …