スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

投稿日:

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボットをつくることとは違います。子どもの心を何も聞いてあげないで、親の思うような姿に一方的に育てようとするのは、知識はいつばいでも感情をもたないロボットのような人間をつくっているようなものです。

考えることだけを教え込もうとしても、絶対にうまくはいきません。考える力を子どもにつけてやるには、根っこのところの気持ちをたっぷりと満たしておいてあげないとダメなのです。何をするにも「ママどう?ママどう?ママどう?」という子にしかなっていきません。生まれた瞬間から完璧な人間はいないのです。そもそも完璧な人間など世の中にはひとりもいません。ですから子どもを完璧に育てる必要などないのです。

お父さんやお母さんの顔色を常にうかがうようになり、ビクビクと怯えて生きるようになります。すべての判断は自分ではなく親の考えですから、そのまま大きくなっていけば依頼心が強くなって自分でモノを考えることもしなくなるでしょう。

勉強のできる子が第一

勉強のできる子が第一で、知識を詰め込もうとし、感情や感覚よりできることに価値を置く傾向が強く出てしまいがちです。そのため子どもがまだ小さいうちから厳しさだけを与え、叱りつけたり、ときに脅したりして親の思い描くような子に育てようとします。温かく大きい無償の愛情の代わりに、厳しさや冷たさを与えてしまうのです。それでは子どもは必ず生きるエネルギーをなくしていきます。

育ててあげるべきは、子ども自身が納得し、自分の人生を自らの力で生き抜いていける力、生きていてなんて幸せなのだろうと思えるようにしてあげることです。親から「これはクマではなく白クマよ。間違えてはいけません」と説得されて教え込まれても子どもの中には何も残っていきません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

親として伝えるべきこと

親御さんがこうしてほしいと思っていること、それはやめてほしいと思っていることなど、親御さんの主張を叱らずに伝えていくことができれば、感情的になって子どもを攻撃してしまうことも減っていきます。 子どもの …

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …

no image

子どもの死因でかなり多いのは「不慮の事故」

山をのぼり始めて間もなく、「何でこんなことをさせるのかよう」とくってかかる子どももいる。このような子どもは、ちょっとした困難に出あっても、すぐに挫折してしまうでしょう。どうか、休日などには自然の中に連 …

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …