スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

投稿日:

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボットをつくることとは違います。子どもの心を何も聞いてあげないで、親の思うような姿に一方的に育てようとするのは、知識はいつばいでも感情をもたないロボットのような人間をつくっているようなものです。

考えることだけを教え込もうとしても、絶対にうまくはいきません。考える力を子どもにつけてやるには、根っこのところの気持ちをたっぷりと満たしておいてあげないとダメなのです。何をするにも「ママどう?ママどう?ママどう?」という子にしかなっていきません。生まれた瞬間から完璧な人間はいないのです。そもそも完璧な人間など世の中にはひとりもいません。ですから子どもを完璧に育てる必要などないのです。

お父さんやお母さんの顔色を常にうかがうようになり、ビクビクと怯えて生きるようになります。すべての判断は自分ではなく親の考えですから、そのまま大きくなっていけば依頼心が強くなって自分でモノを考えることもしなくなるでしょう。

勉強のできる子が第一

勉強のできる子が第一で、知識を詰め込もうとし、感情や感覚よりできることに価値を置く傾向が強く出てしまいがちです。そのため子どもがまだ小さいうちから厳しさだけを与え、叱りつけたり、ときに脅したりして親の思い描くような子に育てようとします。温かく大きい無償の愛情の代わりに、厳しさや冷たさを与えてしまうのです。それでは子どもは必ず生きるエネルギーをなくしていきます。

育ててあげるべきは、子ども自身が納得し、自分の人生を自らの力で生き抜いていける力、生きていてなんて幸せなのだろうと思えるようにしてあげることです。親から「これはクマではなく白クマよ。間違えてはいけません」と説得されて教え込まれても子どもの中には何も残っていきません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

子供がひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしている

自分自身は親との関係に葛藤し、ひとりで苦しみを抱えてつらい思いをしているのに、親のほうはそれにまったく気がついていないということも実際にたくさんあります。大きくなった娘さんから「お母さんには一度も言わ …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …