スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

一見稚拙に見えながらも素朴派の絵は圧倒的な存在力

投稿日:

あなたが、普通の女性なら、素朴派の絵を目指すべきだと思います。一見稚拙に見えながらも、素朴派の絵は、圧倒的な存在力で、他の流派の絵をしりぞけてしまうから。ロココもバロックも、はじけとんでしまうくらいの力強さがそこにある。素朴派のもって生まれた技量に、無理矢理アカデミックな技術を教えこもうとしても、無駄というもの。逆に、こっけいにすらなってしまう。

妙に、心を捉える絵というものもある。素朴派という一派が美術史上に存在している。アカデミックな技法を持たない無名の画家たちが、しかし、一所懸命描いた絵である(アンリ・ルソーの絵が、これにあてはまる)。デッサンは狂ってるし、遠近法も目茶苦茶。それでも、ていねいに細かく描かれた画面は、不思議な味わいがある。

つまらない絵をいっぱい並べて喜んでるのもいれば、本当の名画だけを数少なく保管しているのもいる。かけた絵が重すぎて、部屋の壁が崩れてしまうこともあるかもしれない。そういうモロい部屋のような心をもった男には要注意。若い男の子たちがもっと頑張って魅力を磨かないと、日本はそのうちアマゾネス国家になってしまうのではないか。

見識眼のある男もいればないのもいる

日本人の平板な顔に、西洋流のメイクをしても、浮きあがるだけのように。男の心の部屋というものが、いくつも絵をかけたがる宿命ならば、他の絵を圧倒する方法を見つけ出すしかない。それにしても、見識眼のある男もいれば、ないのもいる。

遊んでいるうちは、気が紛れて、一瞬、死を忘れてしまう。ところが、生活が安定して落ち着いてしまうと、あとは、死を待つばかりである。それがこわくて、男は浮気をするのであろうか。なぜ、男が浮気をするのか謎だ。

なぜ男は浮気をするのかは女にとって永遠のテーマ。なぜ、男は浮気をするのか。映画月の輝く夜にでは、死ぬのがこわいからと、カッコよく男が答えている。死を直視するのがこわいから、あっちこっちフラフラと遊び異けてごまかしているのだろうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

騒音を利用した彼女との距離を縮める方法

アメリカのマシューズという心理学者が、こんな実験をおこなっている。ひと組の男女に好きなように会話をさせておいて、そこに騒音のテープを流す。すると、その男女は、互いの話を聞き取るために、自然に寄り添うか …

no image

デート中に犬などに出くわしたら撫でてあげよう

犬好きの女性にとって、犬好きの男は、それだけで「心が温かい」と映る。だが、特別に犬好きではない女性でも、動物をいつくしむ男には安心感をおぼえところがある。いかにも環末でセコいノウハウのように思われるか …

no image

初デートに持っていく資金には余裕を持たせること

カードとは切り離して、一万円という特別予算、を組んでおく。そうすると、デートのスタートから気分に余裕が生まれる。言い換えると、食事でいくら、ワインの追加でいくらという細かい計算を抜きにした、「大ざっば …

no image

男が語る夢を女はどう思うのか

女性とは、ファンタジーとリアリズムの両極を兼ねそなえた動物である。そのリアリズムの部分が、男の「夢」に対して無慈悲に冷酷に反応することを考えておかなくてはならない。たとえば、JRで長距離電車の運転士に …

no image

彼女の話の聞き役になってあげる

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなこ …