スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

一見稚拙に見えながらも素朴派の絵は圧倒的な存在力

投稿日:

あなたが、普通の女性なら、素朴派の絵を目指すべきだと思います。一見稚拙に見えながらも、素朴派の絵は、圧倒的な存在力で、他の流派の絵をしりぞけてしまうから。ロココもバロックも、はじけとんでしまうくらいの力強さがそこにある。素朴派のもって生まれた技量に、無理矢理アカデミックな技術を教えこもうとしても、無駄というもの。逆に、こっけいにすらなってしまう。

妙に、心を捉える絵というものもある。素朴派という一派が美術史上に存在している。アカデミックな技法を持たない無名の画家たちが、しかし、一所懸命描いた絵である(アンリ・ルソーの絵が、これにあてはまる)。デッサンは狂ってるし、遠近法も目茶苦茶。それでも、ていねいに細かく描かれた画面は、不思議な味わいがある。

つまらない絵をいっぱい並べて喜んでるのもいれば、本当の名画だけを数少なく保管しているのもいる。かけた絵が重すぎて、部屋の壁が崩れてしまうこともあるかもしれない。そういうモロい部屋のような心をもった男には要注意。若い男の子たちがもっと頑張って魅力を磨かないと、日本はそのうちアマゾネス国家になってしまうのではないか。

見識眼のある男もいればないのもいる

日本人の平板な顔に、西洋流のメイクをしても、浮きあがるだけのように。男の心の部屋というものが、いくつも絵をかけたがる宿命ならば、他の絵を圧倒する方法を見つけ出すしかない。それにしても、見識眼のある男もいれば、ないのもいる。

遊んでいるうちは、気が紛れて、一瞬、死を忘れてしまう。ところが、生活が安定して落ち着いてしまうと、あとは、死を待つばかりである。それがこわくて、男は浮気をするのであろうか。なぜ、男が浮気をするのか謎だ。

なぜ男は浮気をするのかは女にとって永遠のテーマ。なぜ、男は浮気をするのか。映画月の輝く夜にでは、死ぬのがこわいからと、カッコよく男が答えている。死を直視するのがこわいから、あっちこっちフラフラと遊び異けてごまかしているのだろうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

スキーマ心理を巧みに使った恋愛成功術

人間は一人一人、独自の行動基準を持っている。これを心理学で「スキーマ」と呼んでいる。たとえば病人でも老人でも妊婦でもない人は、ふつうシルバーシートには座ろうとしないものだが、それは、「スキーマ」とじっ …

no image

彼女の話の聞き役になってあげる

女性は、がいして、人の話をあまり聞いていない。人の話を聞くよりは、自分が語っていたいと思うのだ。どんな男がいちばんイヤかという質問に対して、ほとんどの女性が「人の話を聞かない男」と答えるのは、そんなこ …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …