スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

一見稚拙に見えながらも素朴派の絵は圧倒的な存在力

投稿日:

あなたが、普通の女性なら、素朴派の絵を目指すべきだと思います。一見稚拙に見えながらも、素朴派の絵は、圧倒的な存在力で、他の流派の絵をしりぞけてしまうから。ロココもバロックも、はじけとんでしまうくらいの力強さがそこにある。素朴派のもって生まれた技量に、無理矢理アカデミックな技術を教えこもうとしても、無駄というもの。逆に、こっけいにすらなってしまう。

妙に、心を捉える絵というものもある。素朴派という一派が美術史上に存在している。アカデミックな技法を持たない無名の画家たちが、しかし、一所懸命描いた絵である(アンリ・ルソーの絵が、これにあてはまる)。デッサンは狂ってるし、遠近法も目茶苦茶。それでも、ていねいに細かく描かれた画面は、不思議な味わいがある。

つまらない絵をいっぱい並べて喜んでるのもいれば、本当の名画だけを数少なく保管しているのもいる。かけた絵が重すぎて、部屋の壁が崩れてしまうこともあるかもしれない。そういうモロい部屋のような心をもった男には要注意。若い男の子たちがもっと頑張って魅力を磨かないと、日本はそのうちアマゾネス国家になってしまうのではないか。

見識眼のある男もいればないのもいる

日本人の平板な顔に、西洋流のメイクをしても、浮きあがるだけのように。男の心の部屋というものが、いくつも絵をかけたがる宿命ならば、他の絵を圧倒する方法を見つけ出すしかない。それにしても、見識眼のある男もいれば、ないのもいる。

遊んでいるうちは、気が紛れて、一瞬、死を忘れてしまう。ところが、生活が安定して落ち着いてしまうと、あとは、死を待つばかりである。それがこわくて、男は浮気をするのであろうか。なぜ、男が浮気をするのか謎だ。

なぜ男は浮気をするのかは女にとって永遠のテーマ。なぜ、男は浮気をするのか。映画月の輝く夜にでは、死ぬのがこわいからと、カッコよく男が答えている。死を直視するのがこわいから、あっちこっちフラフラと遊び異けてごまかしているのだろうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

趣味と結婚の問題

彼に女装趣味があります。結婚を考えていますが大丈夫でしょうか?彼のマンションで結ばれました。それからは週末はいつも彼のところで過ごすようになりました。1年ほど前から同じ部署のエンジニアと交際しています …

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …

no image

自分を売り買いのような交渉に乗っかる女だとはけっして思いたくない

あるバーで、一人の客が、店内の暖房を弱めてくれと要求した。ママは、当然のことのように客の要求に応じた。すると、若いホステスが「困っちゃうな、あたし冷え性なのに」と裸の肩をさすり始めた。そこで、問題の要 …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …