自動車

The new SLK 200 BlueEFFICIENCYを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス-ベンツが、コンパクトロードスターSLK-Classの第3世代モデルThe new SLK 200 BlueEFFICIENCYを発売した。1996年に初めて登場したSLK-Classは、ハードトップコンパクトロードスターセグメントの先駆者としてベンツのスポーティなイメージを象徴する代表モデルとして位置づけられてきた。新しくお目見えした第3世代モデルは、古典的なロードスタースタイルをそのまま冠した強烈な外観、スポーティなインテリア·デザイン、高度な技術を適用したのが特徴である。

新車には1796cc直列4気筒ガソリン直噴エンジンに7G-TRONIC自動変速機が装着されて高い燃料効率と滑らかなドライビングを提供する。最高出力184馬力、最大トルク27.5kg·m、最高安全速度は237km / hである。停止から100km / hを7.0秒で走破して燃費は11.6km /ℓである。新車は垂直に立てられたラジエーターグリル中央のベンツのエンブレムを一層際立たせて、明確な感じのLEDヘッドランプは、1950年代の伝説的なロードスター190 SLの感じを復活させた。

アンビエントライティングを新たに装着

特にフロントがさらにスマートで長くなり、空気抵抗係数を既存の0.32Cdで0.30Cdに向上させた。室内はメタリックカラーパネルと高級本革シート、4つの円形の吹き出し口を置いて、まるでSLS AMGを連想するようにする。太陽熱反射レザー(Solar-reflective leather)をステアリングホイールとシートに適用して、室内にスポーティさを強調してくれるアンビエントライティング(Ambient lighting)を新たに装着した。

新車は、革新的な先端技術が多様に適用された。乱流のために室内に流入する風を遮断し、外部の騒音を減少させてくれるエアガイド(AIRGUIDE)が運転席と助手席は別に適用され、エアスカーフ(AIRSCARF)が装着されて前の座席ヘッドレストの上部部分の吹き出し口を介して暖かい風を楽しむことができ、走行速度に応じて風の強さが自動的に調節される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加